(熱帯魚)ゴールデンレオパードタティア(ワイルド)(1匹) 北海道・九州航空便要保温

[在庫なし]

販売価格
2,090
(税込)
たまるdポイント 19 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


(熱帯魚)ゴールデンレオパードタティア(ワイルド)(1匹) 北海道・九州航空便要保温


お送りする個体は体長3~5cm程度です。
個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。


ゴールデンレオパード・タティア
販売名 ゴールデンレオパード・タティア
学名(※) Centromochlus perugiae
Tatia perugiae?
(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。
別名 ブルーレオパード・タティア
レオパード・タティア

分布 ペルー ― アマゾン川
飼育要件 最大体長   : 5cm
温度      : 23~27度
水質      : 弱酸性性~中性
餌        : 人工飼料、生餌
※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。
種類詳細 ペルー、アマゾン川原産の小型のナマズです。黄色味のある体色にレオパード模様が美しく、成魚になっても5cm程の小型種です。頭部に青味が現れる個体が見られることからブルーレオパード・タティアの名前でも知られますが、個体差によるものなのか黄色味が強い場合がほとんどです。大きな瞳と、大きな口は愛嬌たっぷりです。飼育は、白点病になりやすい以外は特に難しくありませんが、エサはアカムシなどの生餌を好むこと、混泳魚に邪魔されずに食べられる環境を用意することがポイントです。性質は温和なので複数匹での飼育も可能です。普段は物陰に隠れ姿をあまり見せず、照明を切った後や、エサを与えたときに姿をこっそりと現します。
飼育のポイント 水質にもうるさくなく飼育は容易ですが、導入時などの水温変化で白点病になりやすいです。

エサはアカムシ等の生餌や沈降性の人工飼料が適しています。
混泳の注意点 性質は温和なので同程度のサイズであれば問題なく混泳可能です。
繁殖 タティアの仲間は水槽内での繁殖例も知られます。オスメスは尻ビレの形状で判別が付き、オスの尻ビレは交接器として機能し、より尖った形状を持ちます。
体内で受精してから産卵するという変わった繁殖形態を持ちます。卵は粘着卵で水槽壁面やシェルターなどに産み付けられます。
その他





熱帯魚・エビ他 ナマズの仲間 ゴールデンレオパード・タティア 1匹 fish_database その他の熱帯魚 ブルーレオパードタティア dowarf_catfish0613 tcioio kessan_nettai0531 seitai_n_0729 seitai0729 kaijyo MS0105 tansui60 fishtop3_191002 top_fish1002

(熱帯魚)ゴールデンレオパードタティア(ワイルド)(1匹) 北海道・九州航空便要保温のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング

関連商品