• 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:恩田陸
出版社名:徳間書店
発行年月:2021年12月
判型:四六判
ISBN:9784198653477


≪内容情報≫

================
萩尾望都さん、絶賛!
================

これは21世紀の「地球幼年期の終わり」だ。
山間の夏祭りの中で少年や少女が変化していく。
進化なのか? 人類はどこへ向かうのか?
巡る星々。過去と未来。
愛、愛はどこへ行くのか?



※萩尾望都版カバーは在庫がなくなり次第、通常カバーで販売します

=====
著者より
=====

吸血鬼ってなんなんだろう、
と子供の頃からずっと考えていた。
人類の進化の記憶の発露なんじゃないか、
とどこかで感じていた。
一方で、うんと狭いところで
うんと大きい話を書いてみたいと思っていた。
昨今言われる「グローカル」というのが
念頭にあったのかもしれない。
またしても、
ものすごく時間が掛かってしまったが、
この二つの課題をやり遂げられたのかどうかは、
今はまだ自分でもよく分からない。 恩田陸

====================

【あらすじ】

14歳の少女高田奈智は、
4年ぶりに磐座の地を訪れた。

これから2カ月の間、
親戚が経営する旅館で世話になりながら、
昼間は磐座城周辺で行われる、
あるキャンプに参加することになっている。

事情をよく知らぬまま
この地を訪れた奈智であったが、
到着の翌朝、体の変調を感じ、
激しく多量に吐血してしまう。
やがて奈智は、親戚の美影深志や
同じキャンプに参加する天知雅樹らから、
磐座でのキャンプの目的を聞くことになる。

それは、星々の世界――
外海に旅立つ「虚ろ舟乗り」を育てる
ことであった。
虚ろ舟の聖地である磐座に集められた
少年少女たちは、徐々に体が変質し、
やがて、歳をとらない体となる。
食べ物もほとんどいらなくなり、
心臓に銀の杭を打たない限り、
死ぬことはない。

そのかわり変質体となると、
一定期間、他人の血を飲まないと、
死んでしまうという。

変質の過程で初めて他人の血を飲むことを、
「血切り」と呼ぶ。

深志は奈智の血切りの相手は
自分だと昔から決めていたと言うが、
奈智は、他人の血を飲むなどという
化け物じみた行為は嫌だと、思い悩む。

そんなことなら、虚ろ舟乗りなんかに、
なりたくない……と。

愚かな薔薇 /恩田陸のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品

売れ筋ランキング