• 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:中野剛志、中野信子、適菜収
出版社名:文藝春秋
発行年月:2016年01月
判型:新書
ISBN:9784166610594


≪内容情報≫

痛快すぎる知的刺激! 「近代的人間観を捨てよ」

脳科学・社会科学・哲学……新進気鋭の論客による白熱の議論10時間!



人類はなぜナショナリズムに高揚し、愚かな政治的リーダーを支持し、戦争をやめられないのだろうか? なぜ賢いはずのインテリがバカな政策を支持し、知性に溢れた科学者がサイコパスに翻弄されてしまうのか? あるいは、なぜ日本人は「空気を読む」のが得意なのに、外交が不得手で英語も下手なのか? ……じつは最先端の脳科学実験では、これらの疑問を解き明かすヒントが多数報告されている。

本書は新進気鋭の論客たちが、脳科学実験の成果や古今東西の哲人・社会学者の知見などをもとに、われわれが囚われている近代的人間観を乗り越えることを試みる。

「保守主義は危険」「ナショナリズムは悪」「改革は善」「人を見た目で判断してはいけない」……こうした思考は、すべて近代がもたらした迷妄にすぎない。

近代的価値観が捨象してしまったものの中にこそ、人間の本質がある。最先端の脳科学でも、それを裏付ける結果が出ているのだ。

本書に「きれいごと」は一切ありません!



◎男は女より知能が高い個体が多いが、バカも多い

◎ナショナリズムが快楽なのは「内集団バイアス」が働くから

◎ドーパミンが多い民族は進取の気性に富むが、浮気も大いにする

◎「自由」は人間の脳にとっては苦痛である。国民主権も民主主義も、脳には合わないシステムだった

◎イスラム国が世界遺産を破壊するのは、聖的なシンボルを破壊すれば共同体が滅びるから

◎生物学的に女性のほうが「保守」の本質を深く理解している

◎世の中にバカがはびこるのは、「B層」よりも「A層」に責任がある

◎脳内物質オキシトシンは人類社会をまとめるが、戦争にも駆り立てる

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 /中野剛志 中野信子 適菜収のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品

売れ筋ランキング