• 商品情報
  • レビュー









鋼と軟鉄による使いやすさと切れ味。
兼義作の和包丁は、刀身に複合材を使用しています。複合材とは、地金となる軟鉄を加熱して鍛錬し、刃金鋼を接着してできた材料のことを言います。裏には切れ味に優れた鋼、表には錆びにくい軟鉄を鍛接しているので、異なる2つの材質が1つになる事で研ぎやすく欠けにくい包丁となるのです。

朴木は柔らかく手に馴染みやすい。
口金には水を吸うと締る性質を持った水牛角を使用。錆びに敏感な和包丁は水分を良く拭き取って乾燥させる事が錆び防止への第一歩。持ち手部分は朴(ホウ)の木でできています。柔らかい材質で手に馴染みやすく、度重なる使用で腐ってしまっても交換がしやすいのが特徴です。


●刃金鋼は100年の歴史がある日立安来鋼を使用し、熟練した職人の手により、切れ味鋭い包丁に仕上がっています。
●魚のウロコ取りや背開き、骨の処理などに最適で、女性にお使い頂きやすいサイズの出刃包丁です。




サイズ刃渡り:16.5cm
箱寸法:約 35×7.2×2.7(cm)
内容量1本
材質複合材(白紙3号・軟鉄)、水牛角、朴の木
カラー
備考日本製
区分返品・キャンセル区分(不可)
※北海道・沖縄・離島・一部山間部への配送は追加送料が発生する場合がございます。


出刃包丁 兼義作 水牛口 165mm ( 包丁 ほうちょう )のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

売れ筋ランキング