都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)

販売価格
3,289
(税込)
たまるdポイント 29 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)

Miyazaki Tsuno Wine Chardonnay Estate [2019] estate vineyard100%





都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)


尾鈴連山と日向灘が出会う地、都農。この土地が秘める「未知の力」を信じたひとりの若者によって、尾鈴ぶどうの物語りは始まる。その人の名は「永友百二」。師範学校に進むより、農民として生きることに夢を託した「信念の人」だった。稲作に頼らない豊かな農業経営を理想とした「百二」は、19歳で梨園を開園する。雨の多い都農で果樹栽培は不可能・・・誰もがそう思い込んでいた。だが彼は農業試験場や果樹園芸専門誌の指導を受け、栽培技術を身につけていく。雑木林を開墾し、苗を育て、ついには屋敷田にも梨を植栽。「田んぼに木を植えるなんて」と周囲は非難したが、研鑚に研鑚を重ね、やがて東京農大主催の全国梨品評会で入賞。二度にわたって一等を獲得している。


都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)


こうして梨栽培を軌道に乗せると、新たな試みに挑戦。終戦直後からぶどう栽培に着手した。昭和28年には県内で初めて巨峰を植付。この年、「カトーバ、キャンベルぶどう酒仕込み。マスカットベリーA 2貫収穫」の記録が残されている。それから5年、巨峰は高値を呼び、注文殺到。視察者が相次ぎ、ぶどう農家も増えていった。かくして、ひとりの夢がみんなの夢にとつながっていく。雨、蔓割病、台風、塩害と戦いながらも生産量をのばし、昭和43年には都農町ぶどう協議会が発足。その後も彼は接木・挿木に技量を発揮し、新品種開拓に情熱を傾けた。
巨峰にスーパーハンブルグを交配した「尾鈴」、同じく巨峰に間瀬8号をかけ合わせた「日向」は、昭和55年、農水省に品種登録されている。1本の苗と1本の台木から巨峰を増やし、尾鈴ぶどうを誕生させた伝説の人。その志を継いで、都農は新たな夢を紡ぎ続けてきた。県下有数のぶどうの里から、ワインの里へ。そして固有のカルチャーを発信する町へ。みんなの夢がいま、ハーモニーを奏で始める。


都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)


シャルドネ6区のみのブドウで醸造しました。この園は、黒ボク(火山灰土壌)がメインの土質ですが、近くの森が南風を防ぎ、北側の土手が北風を防ぎます。台風に一番強い畑になります。近くに地下水も流れる立地から、いつも力強い果実を実らせます。今年は春先から5月くらいまで冷え込んだ影響で、萌芽が例年より1週間遅くなりました。そのまま開花期間まで生育が遅れ、満開期は例年より10日ほど遅くなりました。梅雨は例年並みとなり、結実も順調でした。台風の影響も受けることなく、7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、熟度の上がったブドウを収穫できました。完熟を見極め9月4日に収穫スタート。果実味豊かなブドウを丁寧に醸造してきました。
果汁を酸化させないよう作業を工夫し、良質な果汁のみをフレンチオーク樽の中で醗酵させました。樽は、フレンチオークのヌベール主体で、トーストはミディアムプラス。新樽を主体に1年樽を組み合わせて樽発酵させました。発酵温度は13度~15度で3週間程度。アルコール発酵終了後は、味わいに複雑さを持たせる為に、乳酸発酵も行いました。6ヶ月間樽で熟成させ、酵母と接触させるシュールリーを行い、複雑味と味わいの厚みを持たせるようにしました。そして、シャルドネ自身の持つ果実味、味わい深さを引き出すよう醸造に努めました。


都農(つの)ワイン・シャルドネ・エステート・ヴィンテージ[2019]年・都農ワイン・自社畑100%のシャルドネ100%& マロラクティック発酵&シュールリー 日本ワイン 宮崎県 都農町産100% 第6回サクラアワード2019年度にて このシャルドネ・エステート2017がゴールドメダル(金賞受賞)

都農(つの)ワイン・シャルドネ・エステート 2019年
やや強めのイエローをしていて、透明感があります。ブドウが完熟していたことが伺える強めの色調です。
グラスを伝う液体の動きはゆっくりで、凝縮感も伺えます。アプリコットやリンゴの蜜、モモのような甘いフルーツの香りが第一印象。次に樽やナッツのような香りが重なりあいながら香りに落ち着いた上品さを持たせています。
グラスを回すとボリューム感があり、バターやクロワッサンのような香りもあります。また、ホワイトペッパーのような複雑さも楽しめ、バナナやトロピカルフルーツ、ジャスミンなどの甘い香りが華やかさと力強さを演出しています。
心地よい酸味と力強い果実味が口全体に広がりリッチな印象を受けます。
ミルクキャンディーやバター、バームクーヘンのような乳製品の柔らかいタッチと青リンゴやラフランスのような華やかな果実の味わいがとても上品で、重厚感のある味わいを構成しています。ボリュームがあり、ミネラル感も楽しめる味わいです。余韻も長く楽しめます。
特に、竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそうです。他にも旬魚のバターソテー、アサリのバター炒め、アスパラガスと新ジャガのグラタンなどとも楽しめそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメです。



【ワイン名】都農(つの)ワイン・シャルドネ・エステート・ヴィンテージ[2019]年・都農ワイン・自社畑100%のシャルドネ100%& マロラクティック発酵&シュールリー 日本ワイン 宮崎県 都農町産100% 第6回サクラアワード2019年度にて このシャルドネ・エステート2017がゴールドメダル(金賞受賞)
【ワインについて】日本ワイン辛口白ワイン愛好家大注目!宮崎県都農町産自社畑100%純国産シャルドネ100%辛口白ワインファン大注目!自社農園(牧内農業生産組合)で栽培したシャルドネのみを使用(シャルドネ5耕区の畑)東西方向で畝を立てているので、酸味が残りやすい園!また、粘土混じりの黒ボク土なので、果実味もイキイキとしているのが特徴!年々味わいも増してきている樹齢24年のシャルドネ100%をオーク樽の中で発酵&熟成&シュール・リーを行う!収穫前に2度の台風の襲来で生産量は、少なくなりましたが、その分、良い葡萄を厳選して選び、甘く風味豊かな完熟した葡萄の果汁のみを絞り、味わい深さを引き出すように一樽ずつ丁寧に熟成!シャルドネ自身が持つ果実味、そして、樽発酵による抑制された樽香、喉ごしの柔らかさ!また、樽熟成由来のブーケ、シュール・リーからの旨み!それら全てがインテグレイトされた都農ワインの逸品!パイナップル、トロピカルフルーツの甘い香りが楽しめ、ハーブの香りも感じる!グレープフルーツの酸味が心地よい味わいになってます!出来立てのフレッシュさも楽しめ、しばらく熟成させてからも楽しみなワイン!しかもサクラアワード2019年度において、都農ワインの正統派シャルドネであるこのワイン「シャルドネ・エステート2018」が見事ゴールドを受賞!国産白ワイン愛好家大注目の都農(つの)ワインが限定で少量入荷!おすすめのお料理は白身魚・海老(フライ)、あっさり豚肉料理、帆立貝のクリームソースなどと相性抜群!
【ワインのタイプ】辛口 白ワイン
【生産者】都農ワイン
【ブドウの品種】純国産シャルドネ100%
【ブドウの収穫年】2019年
【生産地】日本/宮崎/都農町
【内容量】750ml

都農ワイン シャルドネ エステート ヴィンテージ 2019年 750ml (日本ワイン 宮崎県 白ワイン)のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング