タワーレコード
Brian Eno

Spinner [Expanded Edition] CD

  • 予約商品
  • NEW
販売価格
2,519
(税込)
お届け予定:
たまるdポイント 22 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2020/08/21 / ジャンル:ROCK/POP / フォーマット:CD / 構成数:1 / 製造国:輸入 / レーベル:All Saints / SKU:5060384618920 / 規格品番:WAST018CD

商品の紹介
ブライアン・イーノ x ジャー・ウォブル
深淵なアンビエントとミニマルな重低音の名盤!
25周年を記念し待望の再発決定!ボートラ追加収録!

ブライアン・イーノが90年代に世に送り出したコラボレーション作品の名盤、ジャー・ウォブルとの『Spinner』(1995)が、リリース25周年を記念し、待望の再発決定!CDとLPで再発されるのは15年振りとなる。

1995年の『Spinner』は、パブリック・イメージ・リミテッドのオリジナルメンバーであり、ベーシストとして数多くのアーティストに影響を与えたジャー・ウォブルとコラボレーション作品。もともとは異才、故デレク・ジャーマン監督のモンタージュ映画『グリッターバグ/デレク・ジャーマン1970-1986』のサウンドトラックとして制作された音源を、イーノがウォブルに渡し、ウォブルが再構築する形で完成させている。二人以外にもCANのヤキ・リーベツァイトがドラムで参加している。イーノによる深淵なアンビエントの世界に、ウォブルによるミニマルな重低音が独特のグルーヴを加えた異色の名盤。今回のリイシュー盤では、オリジナルの収録曲に加えてボーナストラック2曲が追加収録。『グリッターバグ』のサウンドトラックから「Stravinsky」と、ジャー・ウォブルによる未発表音源「Lockdown」が収録されている。
発売・販売元 提供資料(2020/06/25)
Brian Eno's icy ohms and Jah Wobble's din collide on Spinner. It's not a collaborative effort in the traditional sense; rather, Eno shipped off tracks from an aborted soundtrack to the ex-Public Image Ltd. bassist, who in turn mucked about with some of the tracks and left others unmolested. The end result is interesting: ten musical chambers linked together in a continuous stream that range from steamy Eastern settings ("Like Organza") to uber-funk experiments ("Unusual Balance"). However, Wobble's contributions feel tacked on, often tentative, more akin to an editor than an equal creative partner. This is Eno's world, and only gradually does Jah Wobble slip his toe into the water before splashing about. It's a hard balance to strike, wishing to keep Eno's alien landscapes intact while trying to add relevant commentary, and rarely do the two composers co-exist peacefully. The spirit of collaboration is alive on "Marine Radio," where Eno's soundtrack is relegated to the role of a single instrument, but more often the music fails to find a middle ground. Case in point: The three tracks that feature Eno alone fare much better than noisy hybrids like "Spinner" and "Left Where It Fell." Of course, Eno fans could find merit in 40 minutes of amplifier hum, and they'll find it in Spinner too. Some will point to individual sections that sound like Ambient 2: The Plateaux of Mirror, Discreet Music, My Life in the Bush of Ghosts, and other instances where Eno's muse has been better served, claiming that this music too functions well as ambient music (albeit with a dub presence). Yet the sum effect of Eno and Wobble sounds more like Tangerine Dream from the '80s, at a time when that band began to abandon music as a homogenous whole and instead layered superficial rhythms on top of amorphous undercurrents. If the intent was to have Wobble and his bandmates throw a wrench into Eno's works, the sputtering Spinner should have been better. Note that a bonus song of eerie lounge music appears as a mystery 11th cut (actually the tail half of the tenth track separated by a few minutes of silence). ~ Dave Connolly
---
収録内容
・構成数 | 1

1.CD

Spinner [Expanded Edition] CDのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング