タワーレコード
Sparks

A Steady Drip, Drip, Drip<Black Vinyl> LP

販売価格
3,729
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント 33 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2020/07/10 / ジャンル:ROCK/POP / フォーマット:LP / 構成数:2 / 製造国:ヨーロッパ盤 / レーベル:BMG/ADA / SKU:4050538600810 / 規格品番:5053860081

商品の紹介
Our inconsistency is our consistency/our insincerity is our sincerity, Russel Mael sings at one point on A Steady Drip, Drip, Drip. Its a sentiment that could pass for Sparks manifesto: Over the years, fans have come to expect dizzyingly witty lyrics and dazzling, ever-changing sonics from the Mael brothers. Their 24th album offers plenty of both, as well as a more pointed outlook and a slightly more down-to-earth sound than the duos last outing, 2017s Hippopotamus. Ron and Russel Mael give these songs about misfits, outliers, and disasters a driving urgency, whether on Sainthood Is Not in Your Futures sprightly tale of betrayal or the darkly cosmic Nothing Travels Faster Than the Speed of Light, which provides a great showcase for Ron Maels formidable keyboard skills. Similarly, stomping synth pop hits home the message of iPhone, where the Maels imagine technology aided lack of communication stretching back to the Garden of Eve and sum up their frustration on the earworm chorus put your fucking iPhone down and listen to me! Fortunately, impending doom brings out the best in Sparks music, and A Steady Drip, Drip, Drips most trenchant songs are among its brightest highlights. On Im Toast, the grinding synths and guitars build as their fortunes -- and those of Empty nesters/Bad investors/Lovers whove been wronged -- sink lower and lower. With its grand sound and deprecating words, Self-Effacing is an instant-classic Sparks song that revives the chugging new wave the Maels reprised most recently on their Franz Ferdinand collaboration FFS, while Left Out in the Colds deep freeze reaffirms that synth pop will always be one of their greatest strengths. Elsewhere, Sparks balance A Steady Drip, Drip, Drips sketches of failure and disappointment with just the right amount of giddy escapism; its easy to imagine an intricately choreographed musical number involving Toros and John Deeres set to Lawnmowers loopy suburban fantasia. Stravinskys Only Hit, which boasts a quintessentially Sparks song title along with its bombastic symphonic pop, is another triumph of the Maels wit and craft. The duo also leave a little hope in the Pandoras box of A Steady Drip, Drip, Drip, as well as some genuine emotion. On the poignant ecological plea Please Dont Fuck Up My World, they manage to use a childrens choir to non-cloying effect, and on All That, they sing the praises of a long-running relationships ups and downs with the sincerity only an act with as many decades behind them as they have could muster. Here and throughout A Steady Drip, Drip, Drip, Ron and Russel Mael riff on their history deftly, and the results are both timely and quintessentially Sparks. ~ Heather Phares
---
デビューから(ほぼ)半世紀。世界各地でカルト的人気を集める、完全無敵のポップ・デュオ、スパークス。ロンとラッセルのメイル兄弟からなるこのデュオは、1971年のアルバム・デビュー以来、グラムからパワー・ポップ、エレクトロにダンス・ポップ、さらにはチェンバー・ポップまで、時代時代のポップ・ミュージックを己の中に取り込みながら、一貫してスパークスだと分かるような音世界を創り上げている。

昨年は兄弟自らキュレートしたベスト・アルバムと、通算16作目となる『GRATUITOUS SAX & SENSELESS VIOLINS(邦題:官能の饗宴)』の発売25周年記念デラックス・エディションをリリースしていたスパークスだが、2020年、2017年の『HIPPOPOTAMUS』以来約3年ぶりとなる通算24作目のアルバムをリリースする。昨年バンドのツイッターに"ニュー・アルバムにとりかかっている"とのコメントを投稿し、ファンの期待を集めていたが、いよいよその全貌が明らかとなる!

現時点では、アルバムのタイトルが『Steady, Drip, Drip, Drip』となること、発売日が5月15日となること、CD、アナログとも複数の形態での発売になること、そして2020年秋にヨーロッパ・ツアーを行うことなど、バンド側から開示されている情報はあまりにも少ない。しかし、先日公開された、"スパークスのスポークスパーソン"であるマネキン美女が語る"アルバムの発表映像"によれば、メイル兄弟はアルバムの制作にかなり力を入れたそうで、収録されている14曲にはグラミー賞も夢じゃないと思われる出来の楽曲もあるという。また同時に、兄弟が音楽・脚本を手掛けるミュージカル映画『ANNETTE』、そしてスパークスについてのドキュメンタリー映画が控えていることも明らかにしている。ちなみにミュージカル『ANNETTE』は『ポンヌフの恋人』などで知られるレオン・カラックスが監督を務め、主演にはアダム・ドライバー&マリオン・コティヤールの名が挙がっている。また現時点ではタイトル未定のドキュメンタリー作品の監督は、『ベイビー・ドライバー』などを手掛けたエドガー・ライトが務めることが発表されている。2020年は、スパークスにとって盛沢山の年になるようだ。

現在アルバムからは先行トラックとして「Please Don't Fuck Up My World」と「Self-Effacing」の2曲がリリースされているが、それらを聞いてもらえれば、スパークスのグラマラスでキッチュなポップ・センスが一層研ぎ澄まされていることがわかるだろう。今後発表されるであろうアルバムの情報が待ち遠しくなる1曲だ。

デビューから(ほぼ)半世紀。加齢もマンネリもどこ吹く風、自身の音楽だけでなく、ミュージカル映画やドキュメンタリー映画など、その"ポップ・アート"の幅をますます広げているスパークス。変態ポップのDNAはその進化を留めることはないのだ! 仕様: 180グラム重量盤ブラック・アナログ2枚組
発売・販売元 提供資料(2020/03/06)
収録内容
・構成数 | 2

1.LP

1.LP

2.LP

2.LP

A Steady Drip, Drip, Drip<Black Vinyl> LPのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング