Coldplay

Everyday Life CD

販売店:タワーレコード
販売価格
2,629
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント23(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。

  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2019/11/22 / ジャンル:ROCK/POP / フォーマット:CD / 構成数:1 / 製造国:ヨーロッパ盤 / レーベル:Parlophone / SKU:190295337834 / 規格品番:9029533783

商品の紹介
前作『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームス』から4年。世界中で愛されるバンド、コールドプレイの新作のリリースが決定。国や言語、文化、宗教に違いはあれど、世界のどこにいても誰にでも「普通に1日」は訪れる。1日24時間をテーマに掲げたコンセプト・アルバム。

『エヴリデイ・ライフ』と題された本作は「SUNRISE(日の出)」と「SUNSET(日の入り)」の2部構成からなっていて、1日の限られた24時間をテーマとしたコンセプト・アルバムとなっている。

ここ日本で初の東京ドーム公演が遂に実現したことにも象徴されるように、2016年3月から2017年11月まで、約1年半にわたって世界を回った『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームス』はコールドプレイにとって過去最大のツアーとなった。バンドはツアーで世界中を巡りながら本作の制作を開始。戦争、紛争、難民危機、性差別、ハラスメント、銃規制、汚職や政治的腐敗などの話題に触れながら、バンドなりの観点から見た今の世界の状況をこのアルバムの中で表現しているようだ。収録曲の「アラベスク」には次のような歌詞がある。「僕が君だったかもしれない、君が僕だったかもしれない」。このメッセージこそ、アルバムの核心であるかもしれない。

今作のアートワークは、約100年前に撮影された、ジョニーの曽祖父が所属していたバンド、ヴィック・バックランドのダンス·オーケストラの写真にコールドプレイの顔を合成したものとなっている。
発売・販売元 提供資料(2019/10/25)
Capping their record-breaking A Head Full of Dreams era in 2018, Coldplay cemented themselves as one of the biggest international acts of the decade. Traversing the globe and selling out stadiums, they absorbed plenty of sounds and stories from fans around the world, which helped inform their experimental Global Citizen EP. That spirit continued to course through the studio, yielding their ambitious 2019 double album, Everyday Life. As traveling troubadours hopping across continents and seas, Coldplay captured some of that sonically revolutionary spirit found on Viva La Vida while pushing the pop-sense positivity a la A Head Full of Dreams. However, Everyday Life exists in its own strange, unpolished world, which frontman Chris Martin described as totally raw and pure. Their least immediate or mainstream-friendly effort thus far, the unconventional set veers into multiple genres and various directions, which requires listeners to surrender to the experience. Breaking further away from their standard output, Everyday Life also takes a stance as their most political statement to date, decrying police brutality on the infuriating Trouble in Town, addressing firearm control on the sardonic Guns (which also has the honor of being the first Coldplay studio track to feature swearing), and putting a relatable, human face on the global refugee crisis with the otherwise joyful Orphans. While these moments are intense (for Coldplay), they dont completely overwhelm the album. Rather, in typical band fashion, rays of hope, perseverance, and life shine through the darkness. Interpolating Pakistani and Iranian poets, the voices of Femi Kuti, Tiwa Savage, and Alice Coltrane, and Nigerian church choirs, Everyday Life lifts spirits on a rhythmic, worldly scale, just as church bells and gospel singers elevate intimate moments like BrokEn and When I Need a Friend. While every track offers its own special moments, absolute standouts include the devastating Daddy, a stirring piano-based weeper that sounds like early Keane; the bright Champion of the World, which interpolates Scott Hutchisons Los Angeles, Be Kind; and epic showstopper Arabesque, a horn-drenched peak in their catalog that showcases Femi Kuti and his band and Belgian rapper Stromae. If this all sounds like a lot, it is, making this effort a scattered but fascinating anomaly in their discography that requires a few spins to truly take hold. Closing a decade defined by stadium-sized hits of optimism, Coldplay manages to grow even bigger with Everyday Life, absorbing flavors from across the globe with their most indulgent and, perhaps, poignant album yet. ~ Neil Z. Yeung
---
収録内容
・構成数 | 1

・合計収録時間 | 00:53:21

1.CD

Everyday Life CDのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ