Prince

1999 (Deluxe Edition) CD

販売店:タワーレコード
販売価格
3,289
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント29(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。

  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2019/12/06 / ジャンル:SOUL/CLUB/RAP / フォーマット:CD / 構成数:2 / 製造国:ヨーロッパ盤 / レーベル:Rhino / SKU:603497850037 / 規格品番:0349785003

商品の紹介
「2枚組のアルバムを作りたくはなかった。でも曲を書き続けた。いつもソングライティングをドアから入ってくる女の子のように思うんだ。どんな風なルックスかわからない。ただ突然、彼女は現れるんだ」 ─ プリンス(1982年11月)

ロックの歴史において、象徴的で影響力のある2枚組アルバム『1999』は、プリンスのキャリアにおいて大きなターニング・ポイントとなる時期にリリースされた。それまで数年間R&Bチャートに押し込められていた彼が、「Little Red Corvette」や「1999」、「Delirious」といった楽曲のメガ・ヒットで、遂にクロスオーヴァー・アーティストへとその姿を変貌させたのだ。このアルバムで、プリンスというアーティストは、ロック、ファンク、R&B、ニュー・ウェーヴ・ポップを融合し、その壁を突き破ったのだ。また彼はMTVでビデオがヘヴィ・ローテーションされた、初の黒人アーティストの一人となり、その事実も歴史を塗り替えた決定的な瞬間だったと言えるだろう。

しかし、アルバム『1999』に収められた曲は、1981年から1982年の時期に、多作として知られるプリンスが手掛けた仕事の一部に過ぎなかった…。彼自身の作品に加え、プリンス・ファミリーとして知られるヴァニティ6やザ・タイムにも楽曲を提供し、さらに多くの曲が後のリリースのために、未発表作品として倉庫に眠ることになったのだ。

11月29日、プリンス財団はワーナー・レコーズと共同で、この彼を象徴する傑作『1999』に初めてリマスターを施し、拡大盤として再びリリースする! 時を超えた魅力を放つこの傑作が初めてリマスター音源となって甦り、さらに、当時のBサイド曲やエディット・ヴァージョンに加え、プリンスの伝説とも言うべき保管庫から発掘された、当時のプリンスのクリエイティヴィティの高さを証明するかのような35曲にも及ぶの未発表音源も追加されることとなるのだ。

『1999 (DELUXE EDITION)』には、全29曲を2枚のCDに収録。最新リマスターが施されたオリジナル・アルバムを収録したDISC 1に加え、シングル・エディットやBサイド曲、プロモ用エディット・ヴァージョンといった、82年当時にオフィシャルでリリースされていた音源をDISC 2に収録。
発売・販売元 提供資料(2019/09/20)
With Dirty Mind, Prince had established a wild fusion of funk, rock, new wave, and soul that signaled he was an original, maverick talent, but it failed to win him a large audience. After delivering the sound-alike album, Controversy, Prince revamped his sound and delivered the double album 1999. Where his earlier albums had been a fusion of organic and electronic sounds, 1999 was constructed almost entirely on synthesizers by Prince himself. Naturally, the effect was slightly more mechanical and robotic than his previous work and strongly recalled the electro-funk experiments of several underground funk and hip-hop artists at the time. Prince had also constructed an album dominated by computer funk, but he didn't simply rely on the extended instrumental grooves to carry the album -- he didn't have to when his songwriting was improving by leaps and bounds. The first side of the record contained all of the hit singles, and, unsurprisingly, they were the ones that contained the least amount of electronics. "1999" parties to the apocalypse with a P-Funk groove much tighter than anything George Clinton ever did, "Little Red Corvette" is pure pop, and "Delirious" takes rockabilly riffs into the computer age. After that opening salvo, all the rules go out the window -- "Let's Pretend We're Married" is a salacious extended lust letter, "Free" is an elegiac anthem, "All the Critics Love U in New York" is a vicious attack at hipsters, and "Lady Cab Driver," with its notorious bridge, is the culmination of all of his sexual fantasies. Sure, Prince stretches out a bit too much over the course of 1999, but the result is a stunning display of raw talent, not wallowing indulgence. ~ Stephen Thomas Erlewine
---
収録内容
・構成数 | 2

・合計収録時間 | 02:28:05

1.CD

2.CD

1999 (Deluxe Edition) CDのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ