除湿機 カドー 除湿乾燥機(木造8畳/コンクリート造16畳まで ホワイト) cado コンプレッサー方式 DH-C7100-WH 【返品種別A】

販売店:Joshin
販売価格
43,500
(税込)
送料無料
出荷目安:
入荷次第出荷/4-10日で出荷(通常)/(10日以上かかる際はメール致します)
たまるdポイント395(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【販売店・発送】Joshinネットショッピング dショッピング店 (上新電機株式会社)

【重要】お買い物前に必ずこちらをお読み下さい(外部リンク) 
□「返品種別」について詳しくはこちら(外部リンク)

2019年04月 発売
メーカー保証期間 1年


【コンプレッサー方式除湿機について】

  • お部屋の温度を下げることはできません。
     (運転時の放熱により温度上昇がございます。)


  • 除湿方式の特徴についてはページ下部の【☆タイプ別 除湿器の選び方☆】をご覧ください。

    ◆パワフル、そして大容量
    最大7.5L/日(60Hz)のパワフルな除湿性能と 3.5Lの大容量タンクを搭載。

    ◆“いつでも”を実現した性能を搭載
    除湿/衣類乾燥/除菌消臭、3つのモードが1年中“いつでも”快適で清潔な空間を生み出します。
    ・除湿モード…雨天が続く梅雨や台風の季節、気になる室内の湿気対策に。
    ・衣類乾燥モード…高層階のお住まいや花粉の心配などで室外に洗濯物を干せない方に。
    ・除菌消臭モード…除菌消臭器として、専用の液剤「ピーズガード」(別売)を噴霧することで嫌なニオイやカビ・ウイルス、花粉対策にも効果的。

    ◆“どこでも”を実現した高い機動性
    持ち手が広いハンドルと、360度回転するキャスターが生み出す、かつてない使い心地で部屋中“どこでも”らくらく移動を実現。
    水が溜まった重いタンクの排水も、本体ごと移動が可能です。

    ◆“いつでも/どこでも”を実現するデザイン
    除湿機らしい見た目を抑えた新しいフォルムが面倒なシーズンオフの収納を解決し、“出しっ放し収納”を実現。

    ◆“だれでも”使いこなせるシンプル操作
    直感的なアイコンを採用した、シンプルでわかりやすい操作パネル。
    起動時に「オート運転」になるため、電源を入れるだけで自動で除湿を開始。更に、満水時はハンドル周りに赤色LEDが点滅しますので、見落とす心配もありません。

    ◆除菌消臭モード
    ニオイを元から分解する除菌消臭剤「ピーズガード」(別売)が衣類に付着した生乾き臭の原因菌を240分で99%除去(※(一財)北里環境科学センターの試験で実証/ DH-C7000を用いた測定データ)。
    除湿モード/衣類乾燥モード時にピーズガードを同時に噴霧することで、カビやウイルスを除去し、お部屋の嫌な臭いを分解します。
    さらに、除湿モード/衣類乾燥モードに加え、ピーズガードの噴霧のみを行う「除菌消臭モード」使用で除菌消臭器としてもお使い頂けます。

    ■ 仕 様 ■
    • 除湿適用床面積の目安(50/60Hz)…
       ・[  木造和室  ]:~8畳(14m2)/~9畳(16m2)
       ・[コンクリート洋室]:~16畳(27m2)/~19畳(31m2)
    • 除湿方式:コンプレッサー式
    • 除湿能力:(50Hz)6.5L/日・(60Hz)7.5L/日
    • 消費電力(50/60Hz)…
       ・除湿時:[強]210/235W(室温35℃/湿度90%の場合)
       ・除湿時:[強]170/187W(室温27℃/湿度60%の場合)
       ・衣類乾燥時:172/189W(室温27℃/湿度60%の場合)
       ・除菌・消臭:[強]35/38W
    • 運転音…
       ・除湿時:[強]45db
       ・衣類乾燥時:48db
       ・除菌・消臭:[強]47W
    • 本体寸法(約):幅327×奥行207×高さ682mm
    • 質量(約):12kg
    • 排水タンク容量:約3.5Lで自動停止
    • 冷風機能:無
    • 温風機能:無
    • 切タイマー:1・4・8時間、12時間自動停止あり
    • 電源コード長さ:1.8m
    • 色:ホワイト(WH)


    ☆タイプ別 除湿器の選び方☆
    除湿機の除湿方式は大きく分けて3種類ありますが、共通の特徴として、基本的には室温を下げる能力は無いということ。むしろ運転時の放熱により、どうしても温度を上昇させてしまいます。除湿方式によって室温変化にも差がありますので、除湿機選びのポイントとなるでしょう。

    ◆コンプレッサー方式
    空気を冷やすことにより水分を取り除く方式
    ◇長所◇
    ・特に室温の上昇する夏場(25℃以上)に強い
    ・パワフル、除湿量が多い
    ・消費電力が小さい(ランニングコストが安い)
    ◇短所◇
    ・本体がやや重い。
    ・運転時の放熱により室温は約1~2℃上昇
    ◆デシカント方式
    ゼオライト(乾燥剤)で水分を取り除く方式
    ◇長所◇
    ・冬場低温時、結露などにも強く、年間を通して使える
    ・運転音静か、軽量コンパクト
    ◇短所◇
    ・ヒーター方式のため消費電力が大きい
    ・発熱量が多いので部屋の温度上昇が大きめ
     (約3~8℃上昇)
    ◆ハイブリッド方式
    コンプレッサー方式とデシカント方式の機能を良いとこ取りしたタイプ。
    ◇長所◇
    ・夏場はコンプレッサー方式、冬場はデシカント方式で、一年中変わらない除湿能力を発揮。
    ◇短所◇
    ・室温上昇は1~8℃ほど
    夏場、特に梅雨の時期の除湿メインではコンプレッサー方式、冬場低温時・結露などの除湿メインではデシカント方式、年間を通じて除湿を考えている方にはハイブリッド式がオススメです。

    除湿機 カドー 除湿乾燥機(木造8畳/コンクリート造16畳まで ホワイト) cado コンプレッサー方式 DH-C7100-WH 【返品種別A】のレビュー

    この商品のレビュー一覧をみる

    この商品のカテゴリ