紫外線の基礎知識とおすすめ対策グッズ


紫外線対策は日差しが強くなる夏になってから、と思っていませんか?日焼けを防ぎ、シミ、シワのない綺麗な肌を保つためには、早目の対策が必須です。今から押さえておきたい紫外線の基礎知識と対策グッズをご紹介します。

紫外線の基礎知識

紫外線が肌トラブルの原因だということは知っていても、実際に紫外線とはどのようなものなのか知っている人は少ないのではないでしょうか?紫外線対策をする前に、まずは紫外線について知りましょう! ここでは、紫外線の特徴や紫外線の最も強い時期など、紫外線の基礎知識について説明します。

紫外線とは

紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種で、肉眼では見ることのできない電磁波のことです。紫外線はひとつではなく、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。このうち、UVCは大気中のオゾン層に吸収されるため、地球上に届くことはありません。 私たちの肌に直接影響を与える紫外線は、UVAとUVBの2つです。

UVA

UVAは、太陽光線の約90%をしめる紫外線で、天候や季節に関係なく1年を通して地上に降り注いでいます。強力な紫外線ではないので、肌に浴びてすぐに影響があるわけではありませんが、肌の真皮までゆっくりと浸透してコラーゲンを破壊します。長い時間浴び続けると、シワやたるみの原因となってしまいます。また、活性酸素を発生させるので、シミや色素沈着の原因にもなる紫外線です。

UVB

UVBは、太陽光線の約10%を占める紫外線で、UVAに比べて割合は少ないですが有害性は高く、肌への影響も大変強いです。UVBは皮膚の表面に影響を与え、日焼けやシミ、そばかす、乾燥肌など、多くの肌トラブルを引き起こします。アウトドアや海水浴などの際に日焼けで肌が真っ赤になることがありますが、その炎症もUVBによるものです。また、皮膚がんや白内障などの原因にもなり、健康面にも影響を及ぼすため注意が必要です。

紫外線が肌に与える影響

紫外線の影響を最も受けやすいのが肌です。特に気になるのが、シミやシワ、たるみなどの肌の老化です。

シミ・そばかす

紫外線を浴びると、肌を紫外線から守ろうとする働きが活発になり、メラニン色素が作られます。メラニン色素は、紫外線を吸収して肌を守るために必要なものですが、強い紫外線を浴び続けると過剰に生成され、シミやそばかすの原因ともなる物質です。

シワ・たるみ

長年紫外線を浴び続けると、皮膚の真皮にあるコラーゲンが破壊されていきます。コラーゲンは肌のハリや弾力を維持する役割を持っており、コラーゲンが破壊されることで、肌にシワやたるみができてしまいます。肌がたるむことで毛穴も目立ちやすくなってしまいます。

肌荒れ・乾燥

長紫外線による肌の乾燥や、免疫機能の低下により、肌が荒れやすくなってしまいます。紫外線を浴びることで皮脂が酸化するため、ニキビや吹き出物の原因にもなります。通常の肌の老化とは異なり、紫外線を浴びて老化した肌は、固くなりゴワゴワとした手触りになってしまいます。 肌への影響の他にも、上記でご紹介したような健康被害を引き起こす可能性があります。また、毛髪や頭皮への影響もあり、髪のパサつきや切れ毛、抜け毛など、ダメージヘアの原因にもなってしまいます。

紫外線対策の基本

このような紫外線による影響を少しでも防ぐためには、日ごろから上手に紫外線対策をしていくことが大切です。 日常の紫外線対策には、手軽に使える日焼け止めがおすすめです。UVAとUVBをブロックする成分が配合されており、こまめに塗ることで1日の紫外線をブロックすることができます。毎日メイクをする方であれば、UVカット効果のあるファンデーションや化粧下地などを使って、上手に取り入れると良いでしょう。

夏になると、レジャーやアウトドアで紫外線を浴びる時間が増えてしまいますよね。長時間外にいる場合や日差しの強い日には、帽子やサングラスなども役立ちます。特に暑い日は、紫外線対策だけでなく熱中症対策にも帽子は欠かせません。 海水浴など肌の露出が多い場合にも、長袖の服を羽織ったり、ラッシュガードを着用したりするなど、紫外線を長時間浴びることのないように気を付けましょう。

また、うっかり日焼けをしてしまったときには、アフターケアを行うようにすると肌のダメージが解消しやすくなります。日焼けしてしまった肌は炎症を起こしていることが多く、化粧水などを使う前に、タオルや専用のローションで肌の熱を取りましょう。 紫外線で乾燥してしまった肌には、刺激の少ない化粧水やクリームを使って、十分に保湿をしてください。

いつから対策をすればいい?

紫外線の量が多くなるのは、春から夏にかけてです。特に4月頃から紫外線の量や強さが増していき、5月頃から9月頃までは紫外線が強い時期が続きます。 夏には日焼け止めや紫外線対策をする人も多いと思いますが、紫外線対策は春からが勝負です!冬の乾燥する時期に肌が弱っている場合も多く、春のUVケアはしっかりと行う必要があります。また、1年を通して紫外線は降り注いでいるので、季節に合った紫外線対策を取りましょう。

最も紫外線が強いのは7月、8月です。この頃は太陽から直接浴びる紫外線だけでなく、アスファルトや海からの照り返しによる紫外線にも注意が必要です。UVカット効果の高い日焼け止めや紫外線対策グッズで、しっかりと肌を守りましょう。

おすすめの紫外線対策グッズ

紫外線対策は早ければ早いほど効果があります。夏を迎える前に、しっかりと対策を考えておきましょう。これからの季節にぴったりの紫外線対策グッズをご紹介します!

帽子

長つば小顔UV帽子
ベージュ

紫外線対策や熱中症対策にもなる帽子は、日常に取り入れやすいUVケアグッズとしておすすめです。紫外線をブロックする素材でできたUVカットの帽子も多く、つばが広くしっかりと顔を覆ってくれるものが良いでしょう。 小さなお子さんがいる方やレジャーなどで動き回る場合には、脱げにくいキャスケットタイプもおすすめ。首の後ろの日焼けが気になる方には、日よけのタレがついているタイプの帽子もあるので、ガーデニングのときにも便利です。

日傘

mikifiLLe
白川みきのおリボンUVカット日傘

日傘は、顔や首回り、二の腕などの紫外線対策にぴったりです。UV加工された素材で作られているので、しっかりと紫外線を遮断してくれます。 日傘は毎日使うものなので、軽くて持ち運びやすいタイプが良いでしょう。折り畳み式のものなら、日差しが強くなったときにもすぐに取り出して使えるので便利ですよ。雨の日も使いたいという人には、晴雨兼用の日傘もおすすめです。

サングラス

レトロバンズ ベビー用
UVカットサングラス
カモピンク

意外と紫外線の影響を受けやすいのが、目です。特に赤ちゃんや小さなお子さんは、紫外線の影響を受けやすく、アスファルトからの照り返しによっても多くの紫外線を浴びています。目に紫外線を浴びすぎると白内障の原因になったり、メラニン色素が生成されてシミの原因になったりすることもあります。子供のうちからサングラスでしっかりとブロックして、大切な目を守りましょう。

ストール

ふんわり軽い
3ウェイ日よけストール
ブラック

オシャレに紫外線対策をするなら、ストールやショールなどがおすすめです。首に巻けばストールに、肩からかけたらショールやボレロにもなる2ウェイや3ウェイタイプのストールなら、服装を選ばず使えるので便利ですよ。 手の甲までしっかりと隠れるタイプのものなら、アームストールとしても使えます。通勤時に羽織っていけば、オフィスの冷房対策もばっちりです!

ラッシュガード

ノースコースト レディース
長袖ジップアップ
ラッシュガード

海やアウトドアにもおすすめなのが、ラッシュガードです。ラッシュガードとは、海に入ったときに素肌を守ったり、日焼けを防いだりするのに着るもので、水着の上から羽織れば体型カバーにも使えます。海や屋外プールでは、太陽光が照り返して日焼けがひどくなることもあるので、長袖のラッシュガードがおすすめ。 オシャレで可愛いデザインのものも多く、レジャーや夏のイベントにも使えます。

いかがでしたか?紫外線によるダメージはとても強く、毎日の紫外線対策が大切です。UVカット効果のあるものや日よけグッズを使えば、手軽に紫外線対策を続けられそうですね。日差しが強い日には、日焼け止めと紫外線対策グッズを併用もおすすめですよ。紫外線のダメージを肌に蓄積させないためにも、早め早めの対策を行いましょう!