ドコモのポイント「dポイント」の使い道&貯め方


ドコモポイントは2015年12月に「dポイント」としてパワーアップ。もっと貯めやすく、使いやすくなりました。dショッピングでは携帯電話で貯めたポイントを使ってお買いものができるだけでなく、さらにdポイントを貯めることもできます。ポイントの賢い貯め方・使い方をご紹介します。

dポイントとは

2015年12月1日から始まったdポイントとはどんなポイントなのでしょうか? ドコモには以前からドコモポイントがありましたが、dポイントは以下のような点でドコモポイントよりさらに使いやすく貯めやすくなっています。 ドコモポイントとの大きな違いは以下です。

  1. dポイントに加盟している街のお店やネットショップで使う・貯めることができる
  2. dカード(クレジット機能付き)決済をすることで、買い物代金が割引になる。たとえばローソンやマクドナルドでは3%割引となります。
  3. 携帯の料金でポイントが貯まるのはもちろん、支払にも使うことができる。
  4. ドコモユーザー以外でも使用できる。
  5. 他のポイントとの相互交換ができる。たとえばPontaやJALマイルなどで可能です。

ポイントを貯めたり使ったりするにはdアカウントが必要になります。dアカウントはdポイントやdマーケットなどのサービスを利用するときに必要となるIDです(旧来のdocomoIDはそのままdアカウントとして使えます。変更手続きは不要です)。dアカウントはドコモユーザー以外でも発行可能です。

さらに、専用カードである「dポイントカード」またはクレジット機能がついた「dカード」があると便利です。dポイントカードはドコモショップのほか、ローソンや一部のマクドナルドで手に入れることができます。 dカードは申し込み後に審査が必要になりますが、現在DCMXカードをお持ちの方は自動的にdカードに移行します。DCMXゴールドをお持ちの場合はdカードゴールドとなります。 ちなみに、今まで貯まっていたドコモポイントは、dポイントにそのまま移行され、使うことができます。

dポイントの使い方

貯まったdポイント、どんな風に使えるのでしょうか。使い道について考えてみましょう。

dマーケットで使う

dマーケットはスマホゲームサイト「dゲーム」や電子書籍サイト「dブック」、音楽配信サービス「dミュージック」、旅行予約サイト「dトラベル」などのサービスを展開するドコモのポータルサービスです。 ポイントを使うなら、dマーケットのなかのdショッピングが特にオススメです。

dポイントを通販で使う

dショッピングは水、食料品、化粧品、ペット用品、家電そして訳あり商品など約15万点もの商品が購入できるネット通販です。dポイントで買い物できる上に、購入金額に応じてdポイントが貯まるので、次の買い物もお得になります。

●普段のお買い物をお得にdポイントを使う

dショッピングなら食品日用品ペット用品など、いつも買っている商品にもdポイントが使えます。 たとえば、食品ならお米缶詰など日持ちしたり、保管できる期間が長い商品をdポイントを通販に使うのがおすすめです。
また、街のお店で買うと運搬が大変なケース品のお水ケース品のドリンクは送料無料でご用意しているので、重い思いもせず、dポイントが使えてかなりお得です!

●普段値引きされない商品をdポイントを使ってお買い物

普段値引きされにくい商品をdポイントを使うことでお得にお買い物するのもおすすめです。
dショッピングなら書籍CD・DVDも取り扱っているので、 欲しかったコミックを大人買いする時になどにも、dポイントを使うことができます。

●ちょっと高い商品にdポイントを使ってお得に買い物

街のお店、ネットショップで使う

dマーケットはdポイント加盟店(ローソン、マクドナルド、伊達の牛たん、タワーレコード、BLUE SKY)で使えます。加盟店は今後もどんどん増える予定です。 さらに、ネットではdケータイプラス払い加盟店のネットショップで使用可能。DHCやソニーストアなどでお買い物に使うことができます。

携帯料金・機種変更で使う

携帯ご利用料金にdポイントを使うことも可能。各種割引後の利用料金に適用されます。 そして、機種変更時のスマホ、ケータイ本体や、充電器その他の周辺機器にも使うことができます。 また、注目したいのは2016年4月からデータ量の追加にも使えるようになること。追加は1GBから可能で、1GBあたり1080ポイント単位で利用できるので、ヘビーユーザーの方も安心です!

  • dポイント(期間・用途限定)は携帯ご利用料金、機種変更時のお支払にご利用いただけません。

使い方はほかにもいろいろありますが、dポイントには期限があります。有効期限はポイントを獲得した月から起算して48ヶ月後の月末までとなっています。dポイントは生活のあらゆるシーンで使えるサービスが整っているので、うまく活用しましょう。

  • dポイント(期間・用途限定)は施策によって有効期限が異なります。

dポイントの貯め方

ポイントを貯める方法もいろいろあります。どこで貯めることができるかを意識していれば、普段と同じ買い物、ネット利用をしているうちにどんどんポイントが貯まります。 おすすめの貯め方について紹介する前に、気になる入会費や年会費含めdポイントカードのプロフィールを知っておきましょう。

dポイントをキャンペーンで貯める

dポイントをお得に効率よく貯めるなら、開催中の様々なキャンペーンを利用するのがおすすめです。

dポイントカード、dカードとは?

dポイントに関するカードは2つあります。1つが無料ですぐ作れ、ポイントを貯める・使うことができる「dポイントカード」。 もう1つがクレジット機能がついた「dカード」で、いずれも、ドコモ契約者でなくても保有することができます。dカードは通常のカードのほかにゴールドカードがあります。カードブランドはVISAとMasterCardです。 dカードはdポイントカードに比べいろいろな特典が多くなっています。

入会費・年会費について

ポイントが貯まっても、年会費や入会費があると入るのをためらう人もいるかもしれませんが、dポイントカードは2つとも無料で作ることができます。

クレジット機能がついたdカードは、ゴールドカードのみ年会費(税抜1万円)がかかりますが、通常のdカードは初年度年会費無料です。2年目以降は、前年度に1回もカード使用が無い場合のみ、1250円(税抜)がかかります。1回でも使用すれば無料なので、ほとんどの人が無料となるでしょう。

ポイントを貯める

では実際にどんな使い方でポイントが貯まっていくのかを見ていきましょう。知っているのといないとでは貯まり方も違います。

●ドコモの携帯ご利用料金から貯める

携帯ご利用料金または、ドコモ光を使っているとそれだけでポイントが貯まります。 ただし還元率はdポイントステージによって異なります。dポイントを10000以上獲得している「ゴールドステージ」だと1000円に対して100ポイント獲得できますが、それ以下のステージは一律10ポイントとなっています。 ゴールドステージになるとさまざまな還元率UPがあるのでぜひ目指したいところですが、地道にポイントを貯める以外に、dカードゴールドを保有すると自動的にdポイントステージがゴールドになります。 カードでの買い物が多いのなら、dカードゴールドを申し込むのも一案です。

●dマーケットでお買い物をする

先に説明したように、dショッピングもdマーケットのなかのショッピングサイトです。 dマーケットはそのほかに映画・音楽・アニメ・ゲーム・動画・ショッピング・旅行など無数のお役立ちコンテンツを提供しています。
利用すればするほどポイントが貯まり、還元率は1%で(100円ごとに1ポイント)となっています。

●加盟店でお買い物をする

加盟店での買い物は2通りあります。1つはローソン、マクドナルドなどの加盟店での買い物。現在の加盟店はこちらから見ることができますが、今後続々と加盟店が増える予定となっています。

もう1つの方法はネットショップの加盟店で買い物をすること。こちらも今後、ますます増える予定です。

dカードの場合は、街のお店のうちローソンとマクドナルドで使用した場合は3%還元となりますし、ネットショップのdポイント加盟店でも還元率1%以上になるケースが多いです。 また、支払いをドコモ携帯のご利用料金と合算できるケータイ支払プラスの加盟店でお買い物するのも1つの方法です。

●他のポイントから還元する

PontaポイントやJALのマイルと変換し合えるのもdポイントの強み。dポイントをそれぞれのポイントに加算することもできますし、dポイントを貯める方を主眼にするならそれぞれのポイントをdポイントに集中させることも可能なので、ポイントがぐんぐん貯まります。どんなポイントと変換できるかはdPOINT CLUBのページをご覧下さい。

ほかにもいろいろポイントを貯める方法があります。アンケートに答える、dカードminiを使う(電子マネー「iD」が使えるサービス)などいくつかありますので、意識して貯めていきましょう!

何ポイント貯まっているかを調べる

dポイントを使う・貯めるには、dポイントクラブへの入会が必須です。その際に個々に割り当てられるのがdアカウントです。ポイント数を確認するには携帯、スマホ、PCからdポイントクラブへdアカウントを使ってログインすると、トップページの一番上にあなたのポイント数が表示されます。

いつものお買い物で気軽に貯めることができるdポイント。他社ポイントの合算や、買う店を意識的に選ぶことでかなり貯めることができます。買い物に充当するのもいいし、携帯料金の支払いに充ててもいいでしょう。コストダウンと楽しいメリット満載のdポイントをぜひ生活に取り入れていきましょう。