ボージョレヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)の選び方〜おすすめボージョレをご紹介!〜


「ボージョレヌーヴォーは、いつまで新酒なのですか」という質問をいただきました。
「新米とか、新じゃがとか、言うでしょ?ヌーヴォーはいつまでが新酒なんでしょうか?」
…なるほど。これって、面白い質問です!解禁を楽しみに待つ間、ヌーヴォーについて、少しおさらいしておきましょう。
ということで!いよいよ解禁!!!ボージョレヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)の選び方とおすすめのボージョレヌーヴォーをご紹介いたします。

ヌーヴォーだけではない!?ワインの産地「ボージョレ」

ボージョレは、フランスブルゴーニュ地方南部に位置するワイン産地で、ガメイ種を使った軽快な飲み口の赤ワインが名産です。渋みも少ないので、日本の家庭料理にもよく合います。軽く冷やして飲むとよいでしょう。
ヌーヴォーはフランス語で「新しい」を意味します。つまり、ボージョレヌーヴォーは、その年にボージョレで収穫されたぶどうから造られる赤ワインの新酒のこと。毎年11月第3木曜日0時が解禁と定められた、世界的にも珍しいお酒です。時差の関係から、日本は、本国フランスより8時間早く解禁時刻を迎えます。

超短期間ワイン醸造だから常にヌーヴォー!?

ボージョレヌーヴォー造りには、アルコール発酵により発生する炭酸ガスが充満したタンクで醸す、マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)という特別な醸造法を用います。この製法により、ぶどうの収穫から約2ヶ月という超短期間でワインが完成するのです。つまり、通常のワインとは醸造法が異なりますから、ヌーヴォーは何年たってもヌーヴォー(新酒)のまま、というわけです。
渋みが少なくフレッシュで軽快な若々しさが何よりも魅力です。
新酒ができたお祝いですから、ヌーヴォーは解禁日当日に飲むのが一番!
個性を存分に楽しむためにも、できた年の年末ごろまでに飲むのがよいでしょう。

ボージョレヌーヴォ― コンクール最高金賞ワイン

歴代最高金賞受賞
ボージョレヌーヴォー3種セット

ヌーヴォーコンクール受賞歴のある造り手集めました。
ボージョレヌーヴォーだけを集めた公式コンクールが、ボージョレ近郊の都市、美食の街リヨンで毎年行われます。エントリー数は約1万。昨年、このコンクールで最高金賞を受賞した大注目のワインが、数量限定で初登場します。
日照条件に恵まれた急勾配の畑で、減農薬農法で栽培し、手摘みで丁寧に収穫したぶどうを使用。上品でありながらボリューム感のあるワイン造りが特徴です。
昨年ヌーヴォーコンクールで最高金賞を受賞、一流レストランにもそのワインがオンメニューされる実力派ドメーヌによる、注目のボージョレヌーヴォーと、枝つきの干しぶどうをセットで。
その栄誉あるコンクール歴代最高金賞受賞造り手のヌーヴォーを集めた「最高金賞セット」です。

自然派にこだわったヌーヴォーもおすすめ

自然派ボージョレヌーヴォー
3種セット

オーガニックや酸化防止剤無添加のボージョレヌーヴォーをセットに。
年々関心が高まっているオーガニックなど、自然派にこだわったボージョレヌーヴォーが登場。
世界のオーガニックをリードするヨーロッパの基準をクリアしたヌーヴォーをお楽しみください。

ボージョレでは、そろそろ収穫も終わり、短期決戦のヌーヴォーづくりは、仕込みの最盛期を迎えています。解禁日に間に合わせるため、飛行機に乗ってはるばる日本までやってくるのです。ボージョレヌーヴォーは、造り方だけでなく、輸送手段まで特別なのです。 毎年楽しみなボージョレヌーヴォーの解禁まで、あと、少しです。

※お酒は二十歳になってから。