• 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:呉兢、道添進
出版社名:日本能率協会マネジメントセンター
発行年月:2020年12月
判型:四六判
ISBN:9784820728634


≪内容情報≫

「Contemporary Classics 今こそ名著シリーズ」最新作。

現代においても様々な経営者や各界のリーダーが座右の書として掲げる帝王学の最高傑作を読みやすい現代語訳と解説でわかりやすくお届けします。

源頼朝や徳川家康、明治天皇なども政治を司るうえで参考にしたとされている、これまでの中国史上でもっとも安定した時代とされる「貞観の治」を成した名君と家臣が交わした「対話」から、上に立つ者の「あるべき姿」を追い求めた名著がいよいよ本シリーズに登場します。

●君主が取るべき道とは、何よりも人民を大切にすることだ。
●君子が身を破滅させるとすれば、その原因は外からやってくる要因によるものではない。
●木を高く伸ばそうとする人は、必ず根本をしっかりと固める。
●病気は治ったかなと思ったときこそ、より慎重に養生をしなければならない。
●君主は舟、人民は水である。水は舟を浮かべて運ぶものであるけれど、いっぽうでまた、舟を転覆させる。
●天下を治めるうえで要となるのは、基本をしっかりと全うできるよう努力することに尽きる。
●聡明な君子は短所があることを自覚し、臣下の忠言もよく聞いて努力をするから、ますます善良となってゆく。
●太平の時代には、才能だけではだめで、必ず徳行を兼ね備えた人材を登用しなければなりません。
●天は特定の人に親しくしようとするのではない。ただ、徳のある者を助ける。
●臣下の忠誠を期待するのなら、それ相応の礼儀をもって彼らを遇しなければなりません。
●言っても行われないのは、言葉に信用がないから。命令しても従わないのは、命令に誠実さがないから。
●君子が発する一言は、計り知れない影響力を持つ。
●人は学問をしなければ、ぼんやりと壁の前に立っているようなもの。
●小臣には国政の大事を委任してはならず、大臣には小さい実務の罪を責めてはなりません。
●禍福とはお互い隣り合わせの存在です。
●ひと言によって国を興すことができるし、ひと言によって国を滅ぼすこともできる。
●君も臣も他人の思惑ばかり気にするようになれば、国はいつ滅んでもおかしくありません。

貞観政要 今こそ名著/リーダーシップの要諦 /呉兢 道添進のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品

売れ筋ランキング