• 商品情報
  • レビュー
商品番号:187913

音楽之友社
ブラームスの音符たち 新装版 池辺晋一郎の「新ブラームス考」 【音楽書】

「ブラームスには、つくづく感嘆してしまうのだ」ーー
大作曲家たちの“すごさ”“素晴らしさ”が楽しくわかる! すべてのクラシック音楽ファン座右の書、日本クラシック界の重鎮・池辺晋一郎の代表著作『音符たち』シリーズ(作曲家別10作+傑作集、計11作)。最終巻『大作曲家たちの音符たち』刊行にあわせ、特に人気の高いバッハ、モーツァルト、ブラームス、ベートーヴェンを新装版で一挙刊行!!
「こむずかしそうな学者的解説やアナリーゼは避け、名曲の楽譜に並んだ“音符たち”の、いわば『行間』から裏側をのぞき、そこからオッと思える芽を見つけ、摘み取り、いじくりまわしてみるーーそれらを『同業者』として作曲家の立場で行う」という同シリーズのコンセプトのもと、大好きなブラームスが創り上げた名曲の名曲たるゆえんを軽妙洒脱な筆致で説き明かす。

序文
はじめに
第1章 史上最高の旋律 ─ ヴァイオリン・ソナタ第1番
第2章 形式の原理の具現 ─ ヴァイオリン・ソナタ第3番
第3章 選択もセンスも作曲のうち ─ ハイドン・ヴァリエーション
第4章 雄渾と感傷の合体 ─ 弦楽六重奏曲第1番
第5章 壮麗さの中の ─ 交響曲第3番
第6章 シンプルな歌ごころ ─ ヴァイオリンとチェロのための協奏曲
第7章 二つのラプソディ ─ はまる理由(わけ)は?
第8章 旋律がないなんてウソ! ─ ヴァイオリン協奏曲
第9章 揺れ動くかたち ─ ホルン・トリオ
第10章 反動の反行? ─ 交響曲第2番
第11章 クラリネット五重奏曲 ─ ユニークな主題の構造
第12章 厳粛な気分で ─ 4つの厳粛な歌
第13章 旋律構造の微妙な魅力 ─ 交響曲第1番
第14章 豪放磊落、大胆不敵 ─ ピアノ協奏曲第1番
第15章 優雅、優美、典雅に「待つ心」 ─ ピアノ協奏曲第2番
第16章 渋さの極み ─ アルト・ラプソディ
第17章 律儀な先生か、芸術家のゆとりか…… ─ 51の練習曲
第18章 学生歌の味わい ─ 大学祝典序曲
第19章 2度の暗示と具現 ─ ピアノ五重奏曲
第20章 意気と懊悩と ─ ピアノ・ソナタ第1番
第21章 独創的!かつ次の時代への指針 ─ 交響曲第4番
第22章 スラームスはウシロを向いていない ─ 交響曲第4番の続き&2つのセレナード
第23章 ここにもスラームスらしさ ─ よく知られた歌曲を4つ
第24章 幸せを願う歓びの音楽 ─ ドイツ・レクイエム

【判型・頁数】 A5・176頁
【ISBNコード】 9784276202634

ブラームスの音符たち 新装版 池辺晋一郎の「新ブラームス考」 音楽之友社のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

売れ筋ランキング