chuya-online

ギター・マガジン 2020年6月号 リットーミュージック

販売価格
880
(税込)
送料込み
出荷目安:
1-2日以内に出荷
たまるdポイント 8 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
商品番号:169773

リットーミュージック
ギター・マガジン 2020年6月号 【音楽書】

【特集】俺とギターとライブハウス
ギタリスト17人の書き下ろし原稿
自身が育った愛するハコへの徒然

今月は特集の予定を急遽変更し、ギタリスト17人による随筆集をお届けしよう。原稿のテーマはずばり「ライブハウス」。自身を育てた愛するハコへの思いを、存分につづってもらった。第一線で活躍する彼らの人生において、ライブハウスはどんな場所であり、そこにはどんなドラマがあったのか? その果てに得た答えとは?


・横山健(Ken Yokoyama/Hi-STANDARD)
「ライブハウス」

・マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)
「おっぱいを揉まずに死ぬ気か?」

・田渕ひさ子(ナンバーガール)
「部屋ギグ上等」

・角舘健悟(Yogee New Waves)
「爆音と奥の光」

・小出祐介(Base Ball Bear)
「下北沢GARAGEと僕」

・増子真二(DMBQ)
「僕のライブハウス事始め」

・古市コータロー(THE COLLECTORS)
「あの頃の自分がたくさんいるライブハウスを想って」

・有馬和樹(おとぎ話)
「バンドをやるということ。」

・高田漣
「ライブ・ストーリーは突然に」

・玉置周啓(MONO NO AWARE)
「非現実」

・志磨遼平(ドレスコーズ)
「ステイ・ホーム、ソーシャル・ディスタンス」

・ANCHANG(SEX MACHINEGUNS)
「ライブハウスは危険なところ」

・大澤敦史(打首獄門同好会)
「そんなわけで皆様 また、ライブハウスで会いましょう」

・中尊寺まい(ベッド・イン)
「部屋とYシャツとライブハウスと私。」

・Kuboty
「ライブハウスのすゝめ」

・ワダマコト(カセットコンロス)
「ライブ・バーにも溢れるこだわりの音。」

・西田修大
「ほとんどのことはライブハウスが教えてくれた」


■LONDON RHAPSODY in GIG 〜写真家・トシ矢嶋が収めたロンドンの熱狂ギグ

爆音と歓声、漂う熱気と一体感。ライブで人々が得られる快感は、全世界共通だ。ここからは、1975年より四半世紀近くロンドンに在住し、現地の名だたるミュージシャンを撮り続けた写真家、トシ矢嶋によるライブ・ショット群をお見せしたい。これらが撮影された70〜80年代のロンドンといえば、パンク、ニューウェイブ、ネオ・モッズ、スカ/レゲエ、ヘヴィメタルなど、種々のサウンドが地鳴りのように渦巻いた時代。当時のカオティックな情景を脳裏に浮かべながら、ライブハウスという濃厚な空間へ思いを馳せてもらえれば幸いだ。


■ザ・ストロークスの衝撃。

2001年に『イズ・ディス・イット』で華々しいデビューを飾ったザ・ストロークス。ロックンロール新時代の幕開けを21世紀の突入とともに高らかに宣言し、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやテレヴィジョンなどを彷彿させる独自の雰囲気をまとったサウンドにより音楽シーンを席巻、"ガレージ・ロック・リバイバル"と呼ばれるムーブメントも作り上げた。その彼らが待望の新作、『ザ・ニュー・アブノーマル』を発表。ロックンロール・ギターの新しい形を提示したふたりのギタリスト、アルバート・ハモンドJr.とニック・ヴァレンシの魅力に改めて迫る。


■GM SELECTIONS(※電子版には収録されておりません)
・「夏なんです」はっぴいえんど


■INTERVIEW & GEAR
・高城晶平(Shohei Takagi Parallela Botanica)


■PICK UP
・鈴木茂のストラトキャスター、ついに復刻せり。

鈴木茂のトレードマークと言えば、長年愛用するあのフィエスタ・レッドのストラトキャスター。これに異論を挟む人はいないだろう。70年代より幾多の歴史的名盤を彩り続ける伝説の1本だが、はっぴいえんどのデビューから50周年となる今年、ついにあのギターが復刻されることとなった。フェンダーカスタムショップによる最高の技術と本人の監修により、これ以上ないクオリティの1本が完成したと言えるだろう。その全貌をここで明らかにしたい。

・追悼 ビル・ウィザース

活動期間はわずか15年ほどにもかかわらず、音楽業界から姿を消したあとも愛され続ける稀代のソウル・シンガー/ソングライターがこの世を去った。ビル・ウィザース、享年81。ギタリストとして巧者というわけではないものの、アコギを力強くかき鳴らしながら歌われる楽曲は、ギター弾きならではの無骨で温かい雰囲気で満ちていた。彼の楽曲と、それを借りた数多のギター名盤に思いを馳せながら、ここに追悼企画をお届けする。


■連載
・俺のボス/ビートりょう(THE BOHEMIANS)
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・ジャキーン!〜『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました〜世界の滝工房から


■NEW PRODUCTS REVIEW
FENDER/PARALLEL UNIVERSE II JAZZ STRAT
GIBSON USA/LES PAUL SPECIAL TRIBUTE P-90
CHARVEL/DINKY DK24 HH 2PT CM THREE-TONE SUNBURST
VOX/BOBCAT S66
SG TECH/SGT-3DPEGS
BENSON AMPS/PREAMP PEDAL
QUILTER/PHANTOM BLOCK


仕様 A4変形判

ギター・マガジン 2020年6月号 リットーミュージックのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング