登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得

販売店:うきうきワインの玉手箱
販売価格
4,268
(税込)
たまるdポイント38(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得

TOMI NO OKA WINERY Bijou Noir [2017] SUNTORY TOMI NO OKA WINERY





登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得


良いワインはよいぶどうがつくり、良いぶどうはよい樹がつくる。良い樹を育てるには、土壌を抜きにしては考えられません。土を知らずして良いワインは望めないのです。
登美の丘は、もともと粘土とシルト(粒状が砂より小さく、粘土より大きい堆積土)と砂が適度に混ざった火山性の水はけのよい土壌。栽培のつくり手は、さらなるぶどうの品質向上のため、長年にわたり改良を加え、水はけを考慮した排水を考えながら、徹底的に土を知る努力を続けています。また、場内のぶどう畑では、主に11品種のぶどうを管理・栽培し、登美の丘の気候・風土のなかで、どの畑にどのような品種が適しているか、どう栽培したらいいかを常に考え、愛情を込めてぶどうの世話をしています。さらに、自然の植物と共生しながらぶどうを栽培する“草生栽培”にも取り組んでいます。「風土と寄り添いながら、品種を通して、この土地の特徴を表現していく」我々は、そんなワインづくりを目指しています。


登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得


ワイン用ぶどうは、一般的に雨が少なく、日あたりのよい、一日の寒暖差が激しい気候を好みます。 登美の丘は、富士山や南アルプス・甲斐駒ケ岳、八ヶ岳など、まわりを高い山々に囲まれて、雨雲が来ることが少ないため、山梨でも雨の少ない土地に位置しています。また、畑が南向き斜面に広がっているため、日あたりにも恵まれて、標高も高いため冷涼で、収穫期の昼夜の気温差が10℃以上になる日も多く、ぶどうの熟度も高まります。登美の丘は、'ぶどうづくり'にとって理想的とも言える環境に立地しています。その恵まれた環境の中でも、微妙な日照時間や標高差、地形、土壌など様々な条件を考慮して、最適な場所で最適なぶどう品種を育てるため、ぶどう畑を約50もの区画に分けて管理しています。
また、最近では日本固有のぶどう品種「甲州」の栽培強化にも取り組んでおり、従来の棚仕立てに加え、より凝縮感のあるぶどうを収穫するために垣根仕立ての栽培にも挑戦しています。


登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得


醸造に携わるつくり手は、年によって異なるぶどうの個性を見極め、それぞれに最適な醸造方法を見出します。約50区画のぶどう畑から、ぶどうの個性を最大限引き出すために、可能な限り別々に醸造をおこないます。醸造をおこなう際は、酸化を防ぐために、様々な手法で慎重に、かつ丁寧にぶどうを扱います。そして豊富な経験に基づいたつくり手の、こまやかで愛情あふれる作業によって、1本1本、この土地の特徴を表現した、登美の丘ならではの味わいに仕上がっていくのです。


登美の丘ワイナリー・ビジュノワール[2017]年・サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ・超限定品・GI Yamanashi取得

登美の丘ワイナリー・ビジュノワール[2017]年

登美の丘ワイナリーの丘を登ると、そこには美しい景色が広がっています。雄大な富士山の姿と目の前に広がる甲府盆地。その美しい景色から、登って美しい「登美の丘」と呼ばれていたのが、登美の丘ワイナリーの名前の由来です。
この土地でぶどうをつくり続けて100年余り。広大な自家ぶどう畑で、頑なに土からつくり上げ、ひとつひとつ丁寧に育てたぶどうが手摘みされ、ワインに醸され、瓶詰されるまで、一貫したワインづくりを行っています。

「ビジュノワール」は山梨県果樹試験場が開発された新しい日本の品種!栽培性に優れる「山梨27号」(甲州三尺&メルロー)と「マルベック」を交雑して誕生した希少ブドウ品種。ビジュ(Bijou)とはフランス語で宝石、ノワール(Noir)はクロを意味する「ビジュノワール」とは“黒い宝石”を意味する。(ビジュノワールの果実の粒は色素が濃く、「ブルーム」と呼ばれるブドウの粒の表面を薄く覆う白い粉の間から見える果皮の色は、まさに「黒い宝石」という名前がぴったり)

登美の丘ワイナリーの自園産のビジュノワール100%を樽熟成56%、タンク熟成44%で造られる究極フルボディ辛口赤ワイン!外観はルビー色!ラズベリー、ブルーベリーなど果実の香りが豊かに感じられ、口当たりは柔らかく、しっかりとしたタンニンと自然な甘みがバランスよく調和して、心地よく広がっていく素晴らしい味わいの高級純国産ワイン!
今までワイナリーを訪問したお客様だけが入手出来、味わえた特別醸造のビジュノワールが遂に少量、うきうきワインの玉手箱のお客様にも超限定でご販売させて頂けるようになりました!

【ワイン名】登美の丘ワイナリー・ビジュノワール[2017]年・サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ・超限定品・GI Yamanashi取得
【ワインについて】入手困難!国産ワイン100%辛口赤ワイン愛好家大注目!山梨県産幻の赤ワインファン、登美の丘ファン大注目!年産6,360本のみ!今まであまりに極少量生産の為、登美の丘ワイナリーの売店でしか入手できなかった登美の丘ワイナリー産特別醸造の希少アイテム!“ビジュノワール”!ぶどうづくりに理想的な自然環境のもと、土づくりから瓶詰めまでを一貫して行う登美の丘ワイナリー!この地で育てたぶどうを丁寧に手摘みし、醸造・熟成!日本が世界に誇れるワインを目指し、故郷の名を冠した登美の丘の超限定品!この「ビジュノワール」は山梨県果樹試験場が開発された新しい日本の品種!栽培性に優れる「山梨27号」(甲州三尺&メルロー)と「マルベック」を交雑して誕生した希少ブドウ品種!ビジュ(Bijou)とはフランス語で宝石、ノワール(Noir)はクロを意味する「ビジュノワール」とは“黒い宝石”を意味する!(ビジュノワールの果実の粒は色素が濃く、「ブルーム」と呼ばれるブドウの粒の表面を薄く覆う白い粉の間から見える果皮の色は、まさに「黒い宝石」という名前がぴったり)!登美の丘ワイナリーの自園産のビジュノワール100%を樽熟成56%、タンク熟成44%で造られる究極フルボディ辛口赤ワイン!外観はルビー色!ラズベリー、ブルーベリーなど果実の香りが豊かに感じられ、口当たりは柔らかく、しっかりとしたタンニンと自然な甘みがバランスよく調和して、心地よく広がっていく素晴らしい味わいの高級純国産ワイン!今までワイナリーを訪問したお客様だけが入手出来、味わえた特別醸造のビジュノワールが遂に少量、うきうきワインの玉手箱のお客様にも超限定でご販売させて頂けるようになりました!年産わずか6,360本のみの希少作品!この機会にぜひ入手して下さい!
【ワインのタイプ】辛口 赤ワイン
【ワインのテイスト】フルボディ
【生産者】サントリー登美の丘ワイナリー
【ブドウの品種】ビジュノワール100%
【ブドウの収穫年】[2017]年
【内容量】750ml


登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2017年 サントリー登美の丘ワイナリー特別醸造シリーズ 超限定品 GI Yamanashi取得のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ