うきうきワインの玉手箱

マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)

販売価格
877
(税込)
たまるdポイント 7 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)




マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)


ポルトガルワインが今、生まれ変わろうとしています。それも最も古く、最も新しい方法で。「最も新しい方法」とは、つまり最先端技術の導入です。その意味では、すべての新世界ワインに似ているかもしれません。しかし、ポルトガルワインの特異さは、その最新の技術を、「最も古い伝統」を生かすためのみに利用した点にあるのです。


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)


例えば葡萄品種。新世界ワインと違い、ポルトガルは、フランス系の高貴品種に興味を示さず、伝統品種のみを植え付けています。なぜなら、伝統品種こそ、土地自体が長い歴史の中で選び抜いた、「その土地にとっての最良の品種」に他ならないからです。土地と風土に敬意をもち、その土地ならではの個性がくっきりと打ち出された、しかも世界に通用する洗練された味わいのワインを生み出すこと。それこそが、今まさに進行している「ポルトガルワイン・ルネッサンス」の精神なのです。


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)


ソグラペ・グループは、そのルネッサンスを最も強力に推し進めている、ポルトガルワインの指導者。スティルワインの産地として名高いダンをはじめ、ポートワインで知られるドウロ、あるいはヴィニョヴェルデ、バイラーダといった最高の産地すべてに葡萄畑と醸造設備を所有。さらに伝統品種の中からより優れた株(クローン)を選抜して育て上げ、同時に栽培面でもさまざまな実験を重ねながら土地土地の個性を最大限に引き出す栽培法、仕立て方などを開発し導入しています。


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)


発酵については最新鋭のステンレスタンクを使用したり、品種によっては小樽発酵やバトナージュを行うという風に、世界中の銘醸地で開発されたあらゆるワイン醸造法を取り入れています。その土地の個性を最大限に生かすために適宜、最適の技術を適用するためです。このポリシーこそがソグラペ社ならではの個性を生み、全ポルトガルの中でも特別な敬意と賞讃を集めている理由なのです。


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社

マテウス “ロゼ”

マテウス・ロゼは、1942年の発売以来、伝統を守り続けてきた世界を代表するポルトガルのロゼワインです。微発泡でほのかに甘い口当たりが特長で、世界130ヵ国以上の人々に愛飲されています。

昔ながらの丸みを帯びたデザインはそのままに、スタイリッシュなイメージにするために、やや縦長のスマートなボトルになりました。またボトル中央には、マテウス城を踏襲したラベルと製品名である“MATEUS”を大きな文字で配しました。

マテウス・ロゼについてヒュージョンソン氏は星付で「世界中で一番売れている、炭酸ガス吹込み法による弱発泡性の本辛口のロゼの銘柄!ソグラペ社がバイッラーダで生産!現在は南フランス(シラーズでつくるもの)とスペイン(テンプラニーリョでつくるもの)でも生産している。」

【ワイン名】マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社
【ワインについて】あまりに有名!ソグラペ社を代表するというより、全ポルトガルを代表するワイン!130カ国以上の人々に愛飲されている、世界で最も人気の高いワインのひとつ!ほのかに甘い口当たり、軽い炭酸を含み、生き生きとした活力溢れるやや甘口のロゼワインは、どのような料理にもあうところから、世界のロゼワインの傑作と讃えられています。バーガ種、トゥリガ・ナショナル種、ティンタ・ロリス種などの高級ブドウ品種から造られる爽やかなロゼ!
【ワインのタイプ】ロゼワイン(微発泡)
【ワインのテイスト】やや甘口
【生産者】ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社
【生産地】ポルトガル / ベイラス / ヴィーニョ・レジョナール・ベイラス
【内容量】750ml


マテウス “ロゼ” ソグラペ・ヴィノス・デ・ポルトガル社 (ポルトガル・ロゼワイン)のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング

関連商品