バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)

販売価格
8,008
(税込)
たまるdポイント 72 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)

Barolo Proprieta In Fontanafredda 2013 MGA Fontanafredda (Cru Fontanafredda) DOCG Barolo





バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)


19世紀末にイタリアの初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ世の息子が、その所有地を譲り受け設立したワイナリー、フォンタナフレッダ社。一世紀以上にわたりバローロを造り続け、その品質の高さでバローロの名声を世界的に高めた名門です。彼は、43年間という短い人生の中で、フォンタナフレッダ社の前身である「カーザ・エマヌエーレ・ディ・ミラフィオーレ」を創業し、バローロが世界的な赤ワインとして国際的評価を得るために尽力し、偉大な功績を残しました。 よいブドウを育て、よいワインを造る事に集中したかった伯爵は小作人からただブドウを買うことを止め、直接畑の運営に携わるべく労働者を雇って自分たちで畑を管理するという新しい方法を取り入れました。


バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)


2009年にオスカル・ファリネッティ氏とルカ・バッフィーゴ氏が共同オーナーになると、いくつかの画期的な取り組みを始めました。ひとつは、ミラフィオーレブランドの復活。19世紀創業当時の畑のブドウを、当時の伝統的な方法で醸造したクラシックなワインを通して、伝統の重要さを再認識・再評価してもらうためのプロジェクトです。 また、二酸化硫黄の使用量を減らし、化学的除草剤や化学肥料の使用をやめるなど、クリーンなブドウからクリーンなワインをつくるためのビオ・ナチュラルプロジェクトを進めています。2018年4月からは、かつてブルーノ・ジャコーザのコンサルタントも務めたジョルジョ・ラヴァーニャ氏が醸造責任者に就任し、さらなる躍進を目指しています。


バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)


フォンタナフレッダ社には90年代末から取り組んできた非常に重大なプロジェクトがあります。 それはピエモンテの本物の偉大なクラシックなワインを通して、伝統の重要さを再認識・再評価してもらう ワインシリーズを造ることでした。そして、ミラフィオーレのワインは“王のセラー”で木樽熟成されます。このセラーはミラフィオーレ創業時に 使われていたセラーであり、ゆえに同社の歴史の中でも最初に建てられたセラーでもあります。「ミラフィオーレのワインはここで生まれた」という想いを込めて、現代のミラフィオーレのワインもこのセラーで醸造・熟成されています。 “王のセラー”の中には初めて造られたバローロの熟成に使用した木樽が残っており、それらの木樽の上部にはミラフィオーレのセラミックの紋章が刻印されています。


バローロ“プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ”モノポール“単独所有畑”フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)・DOCGバローロ・(中樽+大樽で24ヶ月+瓶熟12ヶ月の計36ヶ月熟成)

バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ 2013年 フォンタナフレッダ社
■葡萄品種:ネッビオーロ
■畑:セッラルンガ・ダルバ村に位置するフォンタナフレッダという畑。フォンタナフレッダ社のモノポール(単独所有畑)。
■標高:250~310m ■栽培:4600株/ha
■土壌:石灰質マール(泥灰土)と粘土質土壌
■収穫:10月上~中旬に収獲。
■発酵:温度管理したステンレスタンクで発酵。最後の約1ヶ月間は搾りかすと共に静置。
■熟成:中樽と大樽で2年間の熟成後、12ヶ月間瓶内熟成。
■アルコール度数:14% ■サービス温度:16~18℃
フォンタナフレッダ社の名前の由来ともなった、セッラルンガ・ダルバ村の歴史あるクリュ、フォンタナフレッダ。フォンタナフレッダ社のモノポール(単独所有)であるこのクリュのブドウを使い、中樽と大樽で2年間の熟成を経て造り出されるバローロです。
“プロプリエタ”はイタリア語で「所有地」の意味。フォンタナフレッダ社が所有するMGA(Menzioni Geografiche Aggiuntive)フォンタナフレッダ(この場合はフォンタナフレッダは地名を指す)のブドウを使って造られます。
ルビーの輝きを帯びたガーネット色。小さな赤い果実とスミレを思わせる、豊かな香り。なめらかで厚みのあるタンニンが感じられ、余韻には赤い果実のニュアンスが長く続きます。



【ワイン名】バローロ“プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ”モノポール“単独所有畑”フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)・DOCGバローロ・(中樽+大樽で24ヶ月+瓶熟12ヶ月の計36ヶ月熟成)
【ワインについて】イタリア・ピエモンテ辛口フルボディ赤ワイン愛好家大注目!高級バローロ愛好家大注目!なんと!フォンタナフレッダ社の単独所有畑=モノポール畑(セッラルンガ・ダルバ村に位置するフォンタナフレッダ社のモノポール(単独所有畑)であるプロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ)MGAフォンタナフレッダ!このMGAフォンタナフレッダ(バローロ、バルバレスコでMGAを単独で所有するのはなんと!フォンタナフレッダ社だけ!)しかも初リリースもの!しかもこのワインの2014年がすぐにワインアドヴォケイト誌で91点をマーク!19世紀末にイタリアの初代国王、ヴィットリオ・エマニュエーレ2世の息子が、その所有地を譲り受け、設立したワイナリー!一世紀以上(155年以上)にわたりバローロを造り続け、伝統的なバローロ造りのリーダー的存在!フォンタナフレッダ社から、「イタリアワインの王様」と称えられるバローロ!しかも2010年から正式にMGAとしてセッラルンガ、カンタービ、ラッツァリート、チェレクイオ、ヴィッレーロなど、歴史的に特に優れたバローロを生み出してきた181のゾーンが認められラベルに表示できるようになったMGAのさらに単独所有畑としてプロプリエタを名乗る究極バローロ!標高250-310mのセッラルンガ・ダルバ村に位置するフォンタナフレッダという畑。フォンタナフレッダ社のモノポール(単独所有畑)の石灰質マールと粘土質土壌のネッビオーロを中樽と大樽で2年間の熟成の後、12ヵ月間瓶熟成の計36ヶ月熟成でリリース!ルビーの輝きを帯びたガーネット色。小さな赤い果実とスミレを思わせる、豊かな香り。なめらかで厚みのあるタンニンが感じられ、余韻には赤い果実のニュアンスが長く、上質な酸とタンニンが融合し余韻の長い長熟でエレガントな逸品が限定で蔵出し品の正規品で限定少量入荷!

【ワインのタイプ】辛口 赤ワイン
【ワインのテイスト】フルボディ
【生産者】フォンタナフレッダ社 (自社モノポール畑100%)
【ブドウの収穫年】[2013]年
【生産地】イタリア / ピエモンテ / DOCGバローロ
【内容量】750ml

バローロ プロプリエタ・イン・フォンタナフレッダ モノポール 単独所有畑 フォンタナフレッダ[2013]年・蔵出し限定品・フォンタナフレッダ社元詰・セッラルンガ・ダルバの自社畑100%・(モノポール畑100%のフォンタナフレッダ畑100%)のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング