ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)

販売価格
3,036
(税込)
たまるdポイント 27 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)

Gigondas “Daumen” [2014]La Vieille Julienne(Jean Paul Daumen ) AOCGigonda





ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)


当主は「ジャンポール・ドーメン」。彼のような独特の拘りとセンスを持った造り手は必ず何処の産地にも1人はいるものだ。『1905年創業。当初はバルクでネゴスに売っていたが、60年代にマキシン・ドーメンがラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌの名前で販売開始』この地域の造り手としてはかなり早く、ワイン造りを始めていたドメーヌで、1990年に現当主「ジャン・ポール」が相続し、一気に評価を高めている。


ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)


『醸造所はシャトーヌッフ最北のレ・グレに位置し、ローヌ川からも遠く、低地のシャトーヌッフよりも冷涼で、ゆっくりと熟すことができる』シャトーヌッフに25ha、シャトーヌッフに隣接するコート・デュ・ローヌに5ha所有。平均樹齢は50年を超えている。非常に恵まれた環境。『グルナッシュ以外は混植する。白品種も混植する。単一品種の畑は自然界ではあり得ない』彼のワインは他のどの造り手とも似ていない。


ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)


『収穫の1ヶ月前からセラーを冷やし、コンクリートタンクの芯まで温度を下げることで発酵温度を低めからスタートさせる』南ローヌのリスクの1つが発酵時の気温の高さ。セラー内が30度近くまであると、バクテリアの活動を助長し、ブレットや揮発の原因になる。『低い温度から発酵を開始することで果実由来の香を残す事ができる。また、各温度帯で働く酵母が変わる事で複雑味を増す』セメントタンクは芯まで冷えているので発酵時の温度上昇も緩やかで発酵は長期化する。発酵時の気温の高さは繊細さを奪ってしまうと考える。


ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)

ジゴンダス・ドーメン 2014年
「シャトーヌフ・デュ・パプに隣り合うにふさわしい、アルコール分が強く、コクがあり、時に胡椒(コショウ)の香りのするワイン。グルナッシュ主体。まさに迫力ある地方ワイン」(ヒュー・ジョンソン氏)と絶賛し、★★~★★★トリプルスター!をつける大人気AOCジゴンダス!
有機葡萄を購入し、シンプルに仕上げたキュヴェ』」この自身の名を冠したジゴンダスのドーメン・シリーズの[2014]年もすべて有機栽培のグルナッシュ70%、シラー15%、サンソー15% をドメーヌものであるラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌとほぼ同じ醸造方法で造られた。
チェリーやジューシーな赤系ベリーの香り!穏やかな酸味、柔らかいタンニン!全体的には華やかなワイン!まさにシャトーヌフに匹敵するポテンシャルを持つといわれる!独特のアロマを与える究極ジゴンダスAOC!

【ワイン名】ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)
【ワインについて】ローヌ辛口フルボディ赤ワイン愛好家大注目!人気ジゴンダスAOC愛好家必買!「シャトーヌフ・デュ・パプに隣り合うにふさわしい、アルコール分が強く、コクがあり、時に胡椒(コショウ)の香りのするワイン。グルナッシュ主体。まさに迫力ある地方ワイン」(ヒュー・ジョンソン氏)と絶賛し、★★~★★★トリプルスター!をつける大人気AOCジゴンダス!しかも造り手は『シャトーヌフの異端児』「シャトーヌフの常識を覆すビオディナミ生産者!」と言われるラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ!インポーターさんのコメントは『当主は「ジャンポール・ドーメン」。彼のような独特の拘りとセンスを持った造り手は必ず何処の産地にも1人はいるものだ。『1905年創業。当初はバルクでネゴスに売っていたが、60年代にマキシン・ドーメンがラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌの名前で販売開始』この地域の造り手としてはかなり早く、ワイン造りを始めていたドメーヌで、1990年に現当主「ジャン・ポール」が相続し、一気に評価を高めている。)「『収穫の1ヶ月前からセラーを冷やし、コンクリートタンクの芯まで温度を下げることで発酵温度を低めからスタートさせる』南ローヌのリスクの1つが発酵時の気温の高さ。セラー内が30度近くまであると、バクテリアの活動を助長し、ブレットや揮発の原因になる。『低い温度から発酵を開始することで果実由来の香を残す事ができる。また、各温度帯で働く酵母が変わる事で複雑味を増す』セメントタンクは芯まで冷えているので発酵時の温度上昇も緩やかで発酵は長期化する。発酵時の気温の高さは繊細さを奪ってしまうと考える。発酵はできる限り、区画毎に分けて行い、区画毎の個性を得てからアッサンブラージュすることでワインに複雑味を与える。『マセラシオンは果皮の状態を見ながら、毎年変えるが約3週間。ピシャージュは行わず、最小限の手作業ポンピングオーバーのみ』色素は要らない。粗いタンニンも要らない。長い発酵期間にゆっくり抽出されるエキスのみが必要で、力強さは求めえていない。マロラクティックからはフードル、古バリックで行うことで樽と馴染ませる。『酸化防止剤は石油由来のものではなく、天然硫黄を燻製して得たものを使用し、添加量は10mg/L程度にまで減らしている』清澄も行わず、ノン・フィルターで出荷するので極小量のSO2は必要だと考えている。『ドーメン・シリーズは有機で栽培している若手を助ける為に始めたネゴス部門。有機葡萄を購入し、シンプルに仕上げたキュヴェ』この自身の名を冠したジゴンダスのドーメン・シリーズの[2014]年もすべて有機栽培のグルナッシュ70%、シラー15%、サンソー15% をドメーヌものであるラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌとほぼ同じ醸造方法で造られたチェリーやジューシーな赤系ベリーの香り!穏やかな酸味、柔らかいタンニン!全体的には華やかなワイン!まさにシャトーヌフに匹敵するポテンシャルを持つといわれる!独特のアロマを与える究極ジゴンダスAOCが限定でしかも正規品で極少量入荷!
【ワインのタイプ】辛口 赤ワイン
【ワインのテイスト】ミディアムボディ~フルボディ
【生産者】ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ(ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)
【ブドウの品種】グルナッシュ70%/シラー15%/サンソー15%
【ブドウの収穫年】[2014]年
【生産地】フランス/ローヌ/AOCジゴンダス
【内容量】750ml


ジゴンダス・ドーメン[2014]年ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ (ジャン・ポール・ドーメン・シリーズ)AOCジゴンダス(ドーマン)のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング