• 商品情報
  • レビュー


シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019 ドメーヌ ジャン ポール エ ブノワ ドロワン元詰 AOCシャブリ グラン クリュ 特級 750ml

Chablis Grand Cru Grenouilles [2019] Domaine Jean Paul & Benoit Droin AOC Chablis Grand Cru Grenouilles






シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019 ドメーヌ ジャン ポール エ ブノワ ドロワン元詰 AOCシャブリ グラン クリュ 特級 750ml


ブノワは1999年に、14代目として父ジャン=ポールから引き継ぎました。ブノワ ドロワンのタンクには何も書かれていません。それは、ブノワが約20個ほどある大型タンク(2段式、3段式のものもあり)をすべて把握し、今どのタンクにどこの畑のワインが入っていて、今醗酵を始めたらあと何日で終わるだろう、さらにあと何日経ったら別に熟成させている樽と合わせよう、ということまですべてが頭の中に入っているからです。


シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019 ドメーヌ ジャン ポール エ ブノワ ドロワン元詰 AOCシャブリ グラン クリュ 特級 750ml


「ニュージェネレーションスタイルを志向」ブノワ ドロワン(14代目)は、とてもエネルギッシュで、ボーヌの醸造学校で5年、ディジョン大学で2年、卒業後はドメーヌ ラロシュとドメーヌ ヴァンサン ドーヴィサで研修しました。’99年に新しいドメーヌになってから、父ジャン ポール(13代目)と一緒に働き始めました。ブノワの考えでニューマティックワインプレスを導入してから、果実味を生かし、畑の特徴をより引き出すようになりました。樽を使い過ぎない、典型的なニュージェネレーションスタイルです。以前はフィルターをかけてすぐ瓶詰めしていましたが、現在は2ヶ月休ませてから9月頃にすべてのランクを1回で瓶詰めするようにしました。他の生産者のように酒石をとるために0度以下にするといった余計な刺激を与えることはせず、4?5度で長時間置いてゆっくり取り除きます。多くの評論家がこれらの変化を絶賛しています。


シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019 ドメーヌ ジャン ポール エ ブノワ ドロワン元詰 AOCシャブリ グラン クリュ 特級 750ml


「ドメーヌの目の前には、グランクリュ」ドメーヌは、シャブリの中心地を流れるスラン川を渡ってすぐのところにあります。ドメーヌの目の前には、まるでドロワンのためにあるかのようにレ クロの畑が広がっています。 ドロワンのシャブリは、畑ごとに明確に特徴の差があり、ブノワ自身もそれを意識してワイン造りをし、その差を楽しんでもらおうとしています。


シャブリ・グラン・クリュ・特級・グルヌイユ[2019]年・蔵出し品・ドメーヌ・ジャン・ポール・エ・ブノワ・ドロワン元詰・AOCシャブリ・グラン・クリュ・特級・グルヌイユ・正規品・ワインアドヴォケイト誌驚異95点・ヴィノス誌93+点

シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019

■樹齢:73年

あるシャブリ地区の同じく素晴らしい生産者に「今一番いい生産者はドロワンだろう!」と、言わしめた造り手であり、「ワインアドヴォケイト」を始め、シャブリ特集には必ずといっていいほど登場し、ヒュー・ジョンソン「ポケットワインブック2019」に最高の生産者として掲載!

「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2019」で3つ星生産者(最高評価)

グラン・クリュのグルヌイユの葡萄は祖父の時代、1947年に植樹のため73年樹齢。粘土の厚いリッチな土壌はしっかりと熟した果実や、スパイシーさを感じさせる。飲みやすく包容力のあるワインでブランショよりは丸みがあり、よりリッチで集約がある。

またほのかに樽の持つ甘さがあります。とても膨らみがありスモーキーな味わいで、コシの強い飲み応えのあるシャブリです。




【ワイン名】シャブリ・グラン・クリュ・特級・グルヌイユ[2019]年・蔵出し品・ドメーヌ・ジャン・ポール・エ・ブノワ・ドロワン元詰・AOCシャブリ・グラン・クリュ・特級・グルヌイユ・正規品・ワインアドヴォケイト誌驚異95点・ヴィノス誌93+点
【ワインについて】高級ブルゴーニュ辛口白ワイン愛好家大注目!高級シャブリ特級愛好家大注目!しかも偉大なブルゴーニュの大人気最新ヴィンテージでスーパーグレイトヴィンテージ!なんと!フランス・アシェットガイド誌2021年版で1971年以来50年ぶりの最高評価19/20点を付けるスーパーグレイトヴィンテージ[2019]年もので遂に入荷!シャブリのグラン・クリュの中でもワインは常にスパイスがその特徴の中心になっており、甘草が感じられることもある特級グルヌイユ!は、陽がよく当たり、畑の中でも上の方に位置し50%の樽熟成を楽に受け止めることが出来る!気温が低い年のものは新鮮味が消えず、非常におもしろいものが期待できるといわれる!まさにシャブリの名門生産者ジャン・ ポール・ エ ・ブノワ・ ドロワンが造るハイレベルなクオリティの大人気AOCシャブリ・グラン・クリュ!あるシャブリ地区の同じく素晴らしい生産者に「今一番いい生産者はドロワンだろう!」と、言わしめた造り手であり、「ワインアドヴォケイト」を始め、シャブリ特集には必ずといっていいほど登場し、ヒュー・ジョンソン「ポケットワインブック2019」に最高の生産者として掲載!「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2019」で3つ星生産者(最高評価)!シャブリ・オーセロワ地区で最高評価を獲得しているのは、ドロワンを含め3生産者のみ(他はヴァンサン・ドーヴィサ、フランソワ・ラヴノー)!造り手のブノワ・ドロワン(14代目)は、とてもエネルギッシュで、ボーヌの醸造学校で5年、ディジョン大学で2年、卒業後はドメーヌ・ラロシュとドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサで研修しました!’99年に新しいドメーヌになってから、父ジャン・ポール(13代目)と一緒に働き始めました!ブノワの考えでニューマティックワインプレスを導入してから、果実味を生かし、畑の特徴をより引き出すようになりました!樽を使い過ぎない、典型的なニュージェネレーションスタイルです!以前はフィルターをかけてすぐ瓶詰めしていましたが、現在は2ヶ月休ませてから9月頃にすべてのランクを1回で瓶詰めするようにしました!他の生産者のように酒石をとるために0度以下にするといった余計な刺激を与えることはせず、4~5度で長時間置いてゆっくり取り除きます!多くの評論家がこれらの変化を絶賛!「先日、雑誌「ルヴュ・ド・ヴァン・ド・フランス」の試飲スタッフが来た時に、興味深い試飲をした。抜栓、1日目、2日目、3日目を飲み比べたが、全て3日目の(抜栓後時間がたった)ワインがおいしかった。多くの人は、白ワインは早く飲まなければならないと思っている。しかし実は適切な温度で時間を置いてから飲んだ方がより良くなる。ブルゴーニュのワインは特にそうであると言える。もちろんフルーティなワインはすぐに飲むべきでだが、テロワールを重視したシャブリのようなワインは酸化を好むことが多い。」とブノワ氏!ずばりシャブリの名門生産者が造る(なんと個人生産者としては異例中の異例の6つのグランクリュを所有しかもひとつひとつのクリュの特徴を知りつくして引き出すのがドロワンの特徴です。)「グラン・クリュのグルヌイユの葡萄は祖父の時代、1947年に植樹のため73年樹齢。粘土の厚いリッチな土壌はしっかりと熟した果実や、スパイシーさを感じさせる。飲みやすく包容力のあるワインでブランショよりは丸みがあり、よりリッチで集約がある。またほのかに樽の持つ甘さがあります。とても膨らみがありスモーキーな味わいで、コシの強い飲み応えのあるシャブリです。大変人気が高く生産量がごくわずかな為、年間180本しか入手する事は出来ません。非常にレアなワインと言えます。」「リッチで集約がある。熟成すると、蜂蜜のニュアンスが出てくる。」とブノワは話していました。この2019年でワインアドヴォケイト誌驚異の95点!ヴィノス誌93+点高評価獲得!蔵出しのレアな最高峰シャブリ特級がグレイト2019年で限定で少量入荷!

【ワインのタイプ】辛口 白ワイン
【生産者】ドメーヌ・ジャン・ポール・エ ・ブノワ・ ドロワン元詰
【ブドウの収穫年】[2019]年
【生産地】フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/AOCシャブリ・グラン・クリュ
【内容量】750ml

シャブリ グラン クリュ 特級 グルヌイユ 2019 ドメーヌ ジャン ポール エ ブノワ ドロワン元詰 AOCシャブリ グラン クリュ 特級 750mlのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

売れ筋ランキング