貴戸湊太

そして、ユリコは一人になった (宝島社文庫 このミス大賞)

販売店:書籍
販売価格
770
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント7(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】そして、ユリコは一人になった (宝島社文庫 このミス大賞)
【発売日】2020年02月
【著者/編集】貴戸湊太
【出版社】宝島社
【サイズ】文庫
【ページ数】336p
【ISBNコード】9784299002211

【内容情報】(出版社より)
第18回『このミステリーがすごい! 』大賞、U-NEXT・カンテレ賞受賞作! 私立百合ヶ原高校には奇妙な伝説がある。代々、ユリコという名を持つ生徒は「ユリコ様」として絶対的な権力を持ち、彼女に逆らう者には必ず不幸が訪れるという。ただしユリコ様になれるのは一人だけ。ユリコが複数人いた場合、彼女たちにも不幸が起こり、一人だけに淘汰される。図らずもユリコ様候補となった新入生・矢坂百合子は伝説を聞いて戸惑うが、才色兼備の親友・美月になだめられ、単なるオカルトと思い込もうとする。しかしその矢先、ユリコの名を持つ生徒が一人、屋上から転落死した。そして、それを契機としてユリコが次々と殺されていくーー。誰が彼女たちを殺したのか、ユリコ様とは何なのか。学校の伝説を隠れ蓑にして、人々の悪意が、恐るべき殺戮劇を繰り広げる!

そして、ユリコは一人になった (宝島社文庫 このミス大賞)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ