ウルリケ・ヘルマン

スミス・マルクス・ケインズ

販売店:書籍

[在庫なし]

販売価格
3,960
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント36(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】スミス・マルクス・ケインズ よみがえる危機の処方箋
【発売日】2020年02月
【著者/編集】ウルリケ・ヘルマン, 鈴木直
【出版社】みすず書房
【サイズ】単行本
【ページ数】393p
【ISBNコード】9784622088677

【内容情報】(出版社より)
経済危機はなぜ起こるのか? 貧富の差はなぜ固定するのか? 豊かさはどこから生まれるのか? お金の役割とは? こうした問いを理解するために、経済学の最重要人物スミス、マルクス、ケインズに立ち返ってみよう。彼らが出した答えから、経済学の核心を見ることができる。
資本主義はたえざる流動的なプロセスである。彼らはそれぞれの時代において資本主義の本質をつかみ、経済学を刷新した。スミス『国富論』、マルクス『資本論』、ケインズ『一般理論』のポイントと彼らの生きた時代を記述し、資本主義という逆説に満ちた社会システムを明らかにする。いま新たな段階に進み、危機を孕み持つ資本主義への処方箋。
第一章 はじめにーー現代経済学の危機
第二章 経済を発見した哲学者ーーアダム・スミス
第三章 パン屋から自由貿易までーー『国富論』(1776)
第四章 資本主義を分析した共産主義者ーーカール・マルクス
第五章 科学となった社会主義ーー『資本論』(1867)
第六章 資本主義には無関心ーー新古典派
第七章 貨幣はどこに?!--ジョン・メイナード・ケインズ
第八章 確実なのは不確実性だけーー『一般理論』(1936)
第九章 今日の主流派ーー資本主義を取り除いても解決にはならない
第十章 スミス、マルクス、ケインズから何が学べるか

訳者解説
参考文献

スミス・マルクス・ケインズのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ