沈和年

水墨画の表現力を高めるために

販売店:書籍
販売価格
3,080
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント28(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】水墨画の表現力を高めるために 「濃淡・潤渇」と「点・線・面」
【発売日】2020年01月
【著者/編集】沈和年
【出版社】日貿出版社
【サイズ】単行本
【ページ数】95p
【ISBNコード】9784817021380

【内容情報】(出版社より)
水墨画の基本は墨の「濃淡・潤渇」、運筆の「点・線・面」。作品づくりの鍵は「造形・構図・筆墨」。描法のポイントが分かる動画にアクセスできるQRコード付き。
第1章 水墨画とは
これからの水墨画を考える
作家に見る水墨表現:呉昌碩「梅梢春雪」/竹内栖鳳「雄姿颯爽」/山田大作「暮れる」「舟宿」/
根岸嘉一郎「WALL・景象II」/大竹卓民「晨霧」/沈和年「たまゆらシリーズ」

第2章 描法の基本を身につける
墨表現の基本要素は「濃淡・潤渇」
運筆は「点・線・面」から
点の表現:穂先のみの点/腹まで使う点/穂先を散らす点/連続する点
線の表現:直筆(穂先だけで描く)/直筆(腹まで使う)/側筆/穂先を割って描く
面の表現

第3章 造形・構図・筆墨は作品づくりの鍵
造形 強調/省略
構図 統一と変化/対比関係
実景から作品まで
描法の実際
付立法で描く
各種の描法:白抜き法/擦筆法/たらし込み/ぼかし法/拓墨法

たまゆらシリーズ・恍惚シリーズ
翠風会メンバーの選抜作品

水墨画の表現力を高めるためにのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ