金子之史

哺乳類の生物学(1)新装版 分類

販売店:書籍
販売価格
4,070
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント37(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)となっている本・コミック商品について取り扱いを終了することとなりました。
それに伴いましてdショッピングで取り扱う本・コミックの商品数が少なくなります。

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)の取り扱い停止日
2020年5月29日(金)10:00
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが今後ともdショッピングをよろしくお願いします。

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】哺乳類の生物学(1)新装版 分類
【発売日】2020年01月
【著者/編集】金子之史, 高槻成紀
【出版社】東京大学出版会
【サイズ】全集・双書
【ページ数】148p
【ISBNコード】9784130642613

【内容情報】(出版社より)
生物学の基礎としての分類学.その歴史とシステムをみながら,動物界における哺乳類の位置を確認し,「種」とはなにかを考える.さらに野ネズミ類の研究から地理的変異をとらえ,それらを通して日本の動物相のなりたちを探る.動物分類学入門の書.
1 分類学とはなにか
1.1 生物の名前
1.2 分類学のはじまり
1.3 分類学と生物学

2 分類学と哺乳類
2.1 哺乳類とはなにか
2.2 哺乳類の世界
2.3 系統関係と適応放散

3 分類学のシステム
3.1 命名規約への道
3.2 国際動物命名規約
3.3 標本の収集と保管

4 種の認識
4.1 種と変異
4.2 生物学的種の概念
4.3 種の研究のモデル

5 個体群の変異
5.1 サンプリングと個体群
5.2 地理的変異
5.3 形質置換と体サイズ

6 分類学から生物地理学へ
6.1 生物地理学の誕生
6.2 日本の生物地理学
6.3 日本の動物相


Taxonomy and the Mammals, New Edition
(Biology of the Mammals 1)
Yukibumi KANEKO

哺乳類の生物学(1)新装版 分類のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ