日本経済新聞出版社

企業・自治体のための気候変動と災害対策 (日経MOOK)

販売店:書籍
販売価格
2,200
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント20(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】企業・自治体のための気候変動と災害対策 (日経MOOK)
【発売日】2020年01月
【著者/編集】日本経済新聞出版社
【出版社】日本経済新聞出版社
【サイズ】ムックその他
【ページ数】101p
【ISBNコード】9784532182984

【内容情報】(出版社より)
ここ数年、猛暑や豪雪、大型台風、集中豪雨といった自然災害が続発し、企業活動に大きな打撃を与えています。また、企業や自治体は災害に備えるだけでなく、異常気象の原因とされる温暖化対策の世界的な潮流「SDGs(持続可能な開発目標)」の取り組みも急務になり、防災と減災の両面で課題を抱えています。
本書は、加速する気候変動の現状と今後の見通しを展望し、災害に備えるソリューションやBCP(事業継続計画)策定など、企業と自治体の対策を実践的に解説します。気候変動の抑止につながるSDGsの先進的な取り組み事例も紹介。いざという時に備える損害保険の役割や、さらなる拡大が期待される再生可能エネルギーも取り上げ、企業と自治体が災害にどう立ち向かえばよいかをナビゲートします。
Part1 気候変動の脅威

Part2 SDGsがビジネスを変える

Part3 政府・自治体の災害対策

Part4 事例で見る企業発の災害対策

Part5 BCPで企業を守る

企業・自治体のための気候変動と災害対策 (日経MOOK)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ