山田敏弘

サイバー戦争の今 (ベスト新書)

販売店:書籍
販売価格
990
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント9(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】サイバー戦争の今 これが現実! (ベスト新書)
【発売日】2020年01月
【著者/編集】山田敏弘
【出版社】ベストセラーズ
【サイズ】新書
【ページ数】237p
【ISBNコード】9784584126073

【内容情報】(出版社より)
●北朝鮮のミサイルはアメリカがウイルスを使って落としていた?
●マルウェアに感染した高速増殖炉もんじゅが遠隔操作で破壊されたら?
●京アニを襲撃した青葉容疑者もダークウェブ「トーア」を使っていた?


IoT化が進むなか、すべての電子機器が一斉に乗っ取られるリスクも大いに高まっている。
今年10月には、危機感を募らせた日本政府は日本のインフラがサイバー攻撃にあった場合、
その報告を義務づける法案を採択(全然報道されていないが)。
事実、高速増殖炉もんじゅがマルウェアに感染していたこともあり、
日本も決して対岸の火事ではない。

本書はこれら現在のサイバー戦争のフロントラインを追い、詳しく解説。
そのうえで日本はどうするべきなのかを問うものである。
第一章 イントロダクション  サイバー攻撃とは何か?
第二章 2020年サイバー問題  サイバーセキュリティーの現在地
第三章 アメリカのサイバー戦略  世界最強軍団の実態
第四章 世界を襲う中国ハッカー軍団  すべてを盗み尽くす軍人ハッカーたち
第五章 悪の枢軸  ならず者たちのサイバー空間
第六章 脅威をばらまくロシアの暗躍  闇フォーラムでサイバー兵器を売買するハッカーたち
第七章 変革期にある世界のスパイ工作  CIA、MI6、モサドほかスパイ組織のサイバー利用
第八章 取り残される日本  日本にある足かせと「サイバーの傘」

サイバー戦争の今 (ベスト新書)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ