山岸明彦

対論!生命誕生の謎 (インターナショナル新書)

販売店:書籍
販売価格
880
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント8(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】対論!生命誕生の謎 (インターナショナル新書)
【発売日】2019年12月
【著者/編集】山岸明彦, 高井研
【出版社】集英社インターナショナル
【サイズ】新書
【ページ数】192p
【ISBNコード】9784797680478

【内容情報】(出版社より)
地球最初の生命が誕生した場所は、海か? 陸か?

「地球生命の起源は深海の熱水噴出孔にある」という説を実証すべく、水深2000メートルの深海で微生物探査を行う生物学者・高井研。
一方、国際宇宙ステーション(ISS)で行われている生命実験「たんぽぽ計画」の代表を務める分子生物学者の山岸明彦は、「生命は陸上の温泉で生まれた」と考える。
「地球最初の生命が誕生した場所はどこか?」「地球最初の生命はどのようにエネルギーを得ていたか?」「生命に進化は必要か?」「地球外生命が見つかる可能性は?」……
まったく異なる説を唱える二人が、生命の起源や進化の謎、地球外生命探査について激しく論じ合う。

【目次より抜粋】
第1章:生物の共通祖先に「第3の説」!?
第2章:生命はまだ定義されていない
第3章:生命に進化は必要か?
第4章:生命の材料は宇宙からやってきた?
第5章:RNAワールドはあった? なかった?
第6章:地球外生命は存在する! ではどこに?
第7章:アストロバイオロジーの未来

【著者略歴】
やまぎし あきひこ 分子生物学者、東京薬科大学名誉教授。1953年、福井県生まれ。2015年から国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟で行われている、「たんぽぽ計画」の代表を務める。
著書『生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか』(集英社インターナショナル)など。

たかい けん 生物学者、海洋研究開発機構(JAMSTEC)深海・地殻内生物圏研究分野分野長。1969年、京都府生まれ。専門は極限環境微生物・生命の起源・宇宙生物学。
著書『生命はなぜ生まれたのか』(幻冬舎新書)、『微生物ハンター、深海を行く』(イースト・プレス)など。

対論!生命誕生の謎 (インターナショナル新書)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ