エリオット・チェイズ

天使は黒い翼をもつ (扶桑社ミステリー)

販売店:書籍
販売価格
1,078
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント9(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】天使は黒い翼をもつ (扶桑社ミステリー)
【発売日】2020年01月
【著者/編集】エリオット・チェイズ, 浜野アキオ
【出版社】扶桑社
【サイズ】文庫
【ページ数】317p
【ISBNコード】9784594083595

【内容情報】(出版社より)
明日なき逃亡、破滅への傾斜、究極の愛憎劇ーー!

故・小鷹信光氏がこよなく愛した、
忘れられたノワールの傑作が、
ついにそのヴェールを脱ぐ!!

巻末に、評論家・吉野仁氏による18頁に及ぶ渾身の解説付き!


M・A・コリンズ、バリー・ギフォード、ビル・プロンジーニ他、各氏絶賛!

「完全無欠の小説」--エド・ゴーマン

「私が〈ブラック・リザード叢書〉の編集者として、最も復刊したかった一冊こそが、この『天使は黒い翼をもつ』だった」--バリー・ギフォード

「エリオット・チェイズは、優れた散文家のスタイリストで、機知に富み、ノスタルジックで、不敬で、第一級のストーリーテラーだ」--ビル・プロンジーニ

「一読忘れがたいのは、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』並みに強烈な、恋人たちの猫と鼠の関係だ。……ティムとヴァージニアの本能的な結びつきと比べれば、すべての要素は最終的には些細なことに思える」--ワシントン・ポスト

「流れの速い物語、セックス、すぐれた描写による文章など、独自の良さとすべてかねそなえている」--マックス・アラン・コリンズ



ホテルで抱いた女は、三日して部屋を出るとき、俺と一緒だった。
最初は、南へ向かう旅の途中で捨てるつもりだった。
でも「悪い金なんてない」と言い放つ女には見るべきものがあった。
俺には計画があった。
一緒に脱獄するとき命を落とした仲間が残した、とびきりのヤマが。
そして、計画には相棒が必要だ……。

80年代に再発見され、
「完璧なる強盗小説」と激賞された究極のノワールが、
ついにそのヴェールを脱ぐ。
故・小鷹信光氏が心から愛した
破滅と愛憎の物語を魂に焼き付けよ!
〈解説・吉野仁〉

天使は黒い翼をもつ (扶桑社ミステリー)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ