おおたとしまさ

大学入試改革後の中学受験 (祥伝社新書)

販売店:書籍
販売価格
946
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント8(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】大学入試改革後の中学受験 (祥伝社新書)
【発売日】2019年11月
【著者/編集】おおたとしまさ
【出版社】祥伝社
【サイズ】新書
【ページ数】246p
【ISBNコード】9784396115890

【内容情報】(出版社より)
半歩先行く「中学受験情報リテラシー」
2020年度に大学入試改革が始まる。2024年度には、それをさらに一歩推し進めることも予定されている。現在の小学生は全員がこの影響を受けることになる。一時は「学力観が大きく変わる」「いままでの受験勉強が通用しなくなる」「従来の有名進学校が凋落する」などと騒がれたが、実際のところはどうなのか……。数々の教育現場を取材してきた気鋭の教育ジャーナリストが、大学入試改革の今後とそれにともなう教育の変化を大胆予測しつつ、中学受験における志望校選びの注意点や中学入試出題傾向の変化ほか、中学受験生の親として押さえておくべき要点をズバリ指摘する。半歩先行く「中学受験情報リテラシー」が身につく決定版!

<以下、目次>
第1章 2020年度大学入試改革のあらまし
第2章 大学からも高校からも聞こえる不協和音
第3章 中学受験の志望校選びへの影響
第4章 中学入試に表れた新しい出題傾向
第5章 いま親に必要な「中学受験情報リテラシー」
第6章 中学受験勉強の新しいカタチ

大学入試改革後の中学受験 (祥伝社新書)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ