遠藤直人

図とイラストだからわかるサルコペニア・フレイル

販売店:書籍

[在庫なし]

販売価格
5,280
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント48(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】図とイラストだからわかるサルコペニア・フレイル
【発売日】2019年11月
【著者/編集】遠藤直人
【出版社】クリニコ出版
【サイズ】単行本
【ページ数】112p
【ISBNコード】9784991092749

【内容情報】(出版社より)
概念先行のサルコペニア・フレイルについて、ビジュアルを以て、体感するための画期的な書籍です。現在の日本は(超)高齢者社会であり、高齢者が日常生活を送る上で要介護や寝たきりの状態に至る際には本人の生活の質の低下とともに、家庭や地域の周囲の方々にとって大きな負担になります。 
 フレイルは2014年老年医学会より提唱され、高齢期に生理的予備能が低下することで、ストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態と定義されており、健常な状態と要介護状態の中間的な段階と位置付けております。フレイルには身体的フレイル、精神・認知的フレイル、社会的フレイルがあります。
 サルコペニアは「転倒、骨折、身体機能低下、死亡などの負のアウトカムの危険が高まった進行性かつ全身性の骨格筋疾患である」(2018年欧州ワーキンググループ)。
 ロコモティブシンドローム(ロコモ)は2007年に日本整形外科学会が提唱をしたもので「運動器の障害により要介護に至る危険性の高い状態、あるいは要介護状態に至った状態」を示すものでまさの「移動機能の低下」であり、軽度の運動機能の低下状態から骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症、サルコペニアなどの病的状態までを包含しています。概念として身体的なフレイルは回復が期待できる(可逆性)状態であり、ロコモは可逆性から不可逆な状態までを含んでいるものです。
  フレイル、サルコペニア、ロコモのこの3者は決して別個なものではなく、いずれも「寝たきりゼロ、健康寿命延伸」をめざしております。トイレに一人で行くことができるなど、移動能力を維持しておくことは自立を維持するためは根幹となるべき要件であり、そのためには足腰をしっかり丈夫に維持することが大切です。

 本書ではこの分野の専門の方に執筆をいただいております。最新の知見を学び、「要介護ゼロ、寝たきりゼロを目指して」、それぞれの場で生かしていただくために、あらゆる医療職の方にこの書籍を活用していただきたい。

図とイラストだからわかるサルコペニア・フレイルのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ