横山恵子

静かなる変革者たち (みんなねっとライブラリー)

販売店:書籍
販売価格
1,540
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント14(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】静かなる変革者たち 精神障がいのある親に育てられ、成長して支援職に就い (みんなねっとライブラリー)
【発売日】2019年11月
【著者/編集】横山恵子, 蔭山正子
【出版社】ペンコム
【サイズ】単行本
【ページ数】253p
【ISBNコード】9784295403708

【内容情報】(出版社より)
家族は家族。支援者にはなれない ─ ● この本は、精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)代表 坂本拓さんが、2017年10月、地方版リカバリーフォーラム地方分科会(大阪)で語った「家族は家族。支援者にはなれない」という言葉がきっかけで生まれました。 ●家族であり、支援者でもあるという両方の立場の実体験から放たれたその言葉には説得力があり、そして、精神疾患を患う母親を思う愛情ゆえの葛藤から生み出されたものでした。 「家族は家族、支援者にはなれない」という言葉は、家族のケアラー役割に関して、ある種のパラダイムシフトをもたらしたのです。 ● 本書には精神障がいのある親に育てられ成長して支援職に就いた四人の子どもたちが登場。 「体験記」と「座談会」を通じて、家族・支援者・社会への思いが奥深く・幅広く、語られていきます。 まさに「静かなる変革者たち」の魂の声。 彼らの「気付きの数々」をぜひお読みください。

静かなる変革者たち (みんなねっとライブラリー)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ