芦原伸

ラストカムイ

販売店:書籍
販売価格
3,080
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント28(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】ラストカムイ 砂澤ビッキの木彫
【発売日】2019年12月
【著者/編集】芦原伸
【出版社】白水社
【サイズ】単行本
【ページ数】255p
【ISBNコード】9784560097366

【内容情報】(出版社より)
異能のアイヌ彫刻家が問いかけるもの

 没後30年。砂澤ビッキという異能のアイヌ彫刻家を再評価する機運が高まっている。
 自然に対する畏怖、森の樹々がもつ精との交感、それらが自らの創作意欲と交合して1本のトーテムポールとなる。風雪で倒れても修復はしない。朽ちて自然に還っていくことが作品の使命だとばかり、まるで放置されたように横たわっているものもある。
 本書は地元の北海道からカナダ、鎌倉まで丹念に取材し、差別の中で才能を開花させていくこのビッキの足跡を、紀行作家が丹念に描いたドキュメンタリーである。
 ビッキは阿寒湖畔で土産物の木彫りに従事しているとき、ある女性と邂逅。鎌倉に移住し、モダンアート展に絵画を出品して入賞するが、すぐ彫刻に専念、北海道の音威子府村に廃校となった筬島小学校跡をアトリエにして活動の拠点にする。この女性こそ武田泰淳の小説「森と湖のまつり」のモデルになった、当時澁澤龍?の恋人、山田美年子だった。
 ビッキの背中を押したのは鎌倉文化人たちだったが、ビッキも自分の才能を信じた。「北海道の針広混合樹の豊かな森がビッキの魂を揺さぶり、その巧みな芸術で民族の血をよみがえらせた」と著者はいう。読み応えある1冊で池澤夏樹氏も推薦文を寄せている。

ラストカムイのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ