蛯原健介

ワイン法 (講談社選書メチエ)

販売店:書籍
販売価格
1,760
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント16(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】ワイン法 (講談社選書メチエ)
【発売日】2019年11月
【著者/編集】蛯原健介
【出版社】講談社
【サイズ】全集・双書
【ページ数】204p
【ISBNコード】9784065179055

【内容情報】(出版社より)
500円のワインより1万円のワインは、ほんとうに20倍もおいしいのか?
ロマネコンティ グラン・クリュと格安ワインの差を生み出すのは、
品種か? 製法か? 醸造家か? 歴史か? あるいは国家か?

高級ワインを高級たらしめているのは、ただ「美味しさ」だけではない。
特定の産地、特定の生産者のワインだからこそ高く売れるのである。
産地名、生産者名、ヴィンテージ、ぶどうの品種名……これらの情報が、ブランドをブランドたらしめているとも言える。
とりわけワイン王国フランスにて繰り広げられた、ブランドを守るための数百年にわたる戦いと、
そこから生み出された法と制度すなわち「ワイン法」について、第一人者が語り尽くす!

1855年格付け、1889年グリフ法、そしてEU法。苛烈な競争、疫病と害虫、税と規制などをめぐる生産者たちの戦いは、AOC(原産地呼称制度)などのブランドを守る法と制度へと結実した。
そしてAOCは、GI(地理的表示)として世界に広がり、いまや日本でもヨーロッパのワイン法は大きな意味を持つ。
本書で語られることは、わたしたちの生活、ビジネスにも直結する大きな問題となっている。

ワインを愛する人のみならず、人々の生活が動かす歴史に興味のある人、
世界の食を動かす制度はいかなるものかを知りたい人、
いずれの読者にも、驚きと発見をもたらす、無二の解説書!


【本書の内容】
プロローグーワイン法はなぜ生まれ、何を守るのか
第1章 「本物」を守る戦いー原産地呼称制度の萌芽
 1 フランス革命とワインの自由化
 2 黄金時代の到来
 3 「本物のワイン」を守る戦い
第2章 「産地」を守る戦い
 1 不正ワインとの戦い
 2 混迷する「産地」画定
 3 原産地呼称制度の誕生
 4 「コントロール」される原産地呼称へ
第3章 生き残りをかけた欧州の戦い
 1 欧州統合下のワイン政策
 2 ワイン共通市場制度の発足
 3 本格化する生産管理
第4章 新たなプレーヤーとの戦いー畑=テロワールの思想と品種=セパージュの思想
 1 新世界の「発見」
 2 悩ましい新世界
第5章 「危機」から新時代へー欧州産ワインの戦い
 1 一九九九年のEUワイン改革
 2 抜本的な改革をめざしてー二〇〇八年の改革
  コラム 補糖禁止のねらい
 3 二〇〇八年の改革は成功したか?
  コラム EUワイン法におけるラベル記載事項
  コラム ボトルに関するEU法の規制
 4 新時代のワイン法へ
 5 ワイン法と日本

ワイン法 (講談社選書メチエ)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ