松原始

鳥マニアックス

販売店:書籍
販売価格
1,760
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント16(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)となっている本・コミック商品について取り扱いを終了することとなりました。
それに伴いましてdショッピングで取り扱う本・コミックの商品数が少なくなります。

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)の取り扱い停止日
2020年5月29日(金)10:00
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが今後ともdショッピングをよろしくお願いします。

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】鳥マニアックス 鳥と世界の意外な関係
【発売日】2019年12月
【著者/編集】松原始
【出版社】カンゼン
【サイズ】単行本
【ページ数】256p
【ISBNコード】9784862555090

【内容情報】(出版社より)
鳥の「すごい! 」ところ(生態ほか)をマニア(ミリタリー・鉄道・航空、SF等小説・映画・漫画・アニメなどオタク文化を嗜んでいる方々、
それらのジャンルに興味をもっている初心者)のツボを押さえつつ(反応しそうなアイテム、創作物に登場&関連する事物、事象をできるだけからめながら)紐解く、
鳥とそのまわりの知識・雑学を紹介。

〇鳥の色察知センサーの凄さ
確実に人間より優れているのは、色彩分解能と時間分解能だ。鳥からすれば、人間の見ている世界など、何世代か前のゲームの、
再現性の悪いグラフィックを見せられているような気分であるかもしれない。

〇鳥の鏡認識話
ハトは鏡像認識ができるようだ。もう一つ、カササギも鏡像認識ができるという研究がある。そして、カササギはカラス科の鳥だ。
カラスの仲間にはちゃんと鏡像認識ができるものがいるのに、ハシブトガラスにできない、だと?

〇鳥の嗅覚ナビゲーション
鳥が嗅覚を使ってナビゲーションを行う例も知られている。鳥の嗅覚は未発達だと言われてきたが、
最近の研究では、鳥類でも嗅覚を積極的に用いる例が見つかっている。

〇鳥と闘争
カラスがこういう闘争をやっていると、集団のほかのカラスたちが野次馬として集まってくる上、最後は周囲を取り囲んで見物する。

〇鳥の二足歩行と「歩くマシン」
動物の中ではかなり、二本足に適応した方である。人間の直立二足歩行というのは、かなり変わった姿勢である。
こんな、膝も腰も伸ばして突っ立っている生き物は他にはいない。最新メカの歩き方。

鳥マニアックスのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ