おおたとしまさ

新・女子校という選択 (日経プレミアシリーズ)

販売店:書籍
販売価格
935
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント8(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】新・女子校という選択 (日経プレミアシリーズ)
【発売日】2019年10月
【著者/編集】おおたとしまさ
【出版社】日経BPM(日本経済新聞出版本部)
【サイズ】新書
【ページ数】216p
【ISBNコード】9784532264116

【内容情報】(出版社より)
☆「箱入り娘ばかりが学んでいる」「女子同士の争いが多い」……。多くの偏った見方がありますが、一方で、女子校はそのユニークな教育により、多くの社会で活躍する人材を輩出しているのもまた事実です。

☆では、思春期に女子だけで学ぶことに、どんな意味や意義があるのでしょうか。長く教育現場を取材してきた著者が、多くの女子校、また出身者の声を聞き、女子校の強み、各校の教育方針などを徹底解説します。

☆女子校に通った人、通わせている人、通わせたい人はもとより、女子教育に広く興味を持つ人にとって役立つ内容が満載の一冊です。
第1章 ジェンダー・バイアスを寄せ付けない
第2章 現役教員が語る、男子がいないことの恩恵と弊害
第3章  お嬢様? それともおてんば? 「女の園」を垣間見る
第4章 才能も品格も女子校で磨いた
第5章  「女子アナ」を成功モデルだと思わないで!--エッセイスト・小島慶子さんインタビュー
第6章 「願い」が継承されること、それ自体が財産

新・女子校という選択 (日経プレミアシリーズ)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ