司馬理英子

スマホをおいて、ぼくをハグして!

販売店:書籍
販売価格
1,650
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント15(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】スマホをおいて、ぼくをハグして! <発達障害>気持ちが伝わる“かわいがる”子育て
【発売日】2019年11月
【著者/編集】司馬理英子
【出版社】主婦の友社
【サイズ】単行本
【ページ数】247p
【ISBNコード】9784074375189

【内容情報】(出版社より)
発達障害が変わった。
ネットなど子どもを取り巻く環境が激変。
“かわいがる”子育てがなぜ必要か、親のすべきことが何かを解説。
_________________

日本初の発達障害解説書『のび太・ジャイアン症候群』を出版して20年。
ネットのすさまじい発達がもたらす社会の変化や家庭環境の様変わりが、
発達障害の子どもたちを直撃。
なぜ、かわいがる子育てが必要か、
発達障害の子を救うために親のすべきことが何かを、20年ぶりに丁寧解説。

〈まえがき〉
子どもを取り巻く環境が激変、子育ても変わった。
だが、良い方向には向かっていない

〈第1章〉
発達障害、この20年の大きな変化

〈第2章〉
ママの言葉は、ボクをこんな気持ちにさせるんだよ!

〈第3章〉
親としてのスキルアップを。
かわいがるってどうすればいい?

〈第4章〉
なぜ、かわいがる子育てが必要なのか?

〈第5章〉
子どもの気持ちを理解して!
こんなことをしないで!

〈第6章〉
発達障害の子が受けやすいマルトリートメントとは

〈あとがき〉
傷ついた心を持つ親
親との関係がよくなかったお母さんをどう救うか

スマホをおいて、ぼくをハグして!のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ