中山富雄

国立がん研究センターの正しいがん検診

販売店:書籍
販売価格
1,540
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント14(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】国立がん研究センターの正しいがん検診
【発売日】2019年11月
【著者/編集】中山富雄
【出版社】小学館クリエイティブ
【サイズ】単行本
【ページ数】128p
【ISBNコード】9784778037987

【内容情報】(出版社より)
がん検診に振り回されないための正しい知識

がん検診は、がんを早期に発見して適切な治療につなげ、死亡率を下げることを目的としています。

日本では胃がん・大腸がん・肺がん・乳がん、子宮頸がんのがん検診が推奨されており、

本書では、これらのがん検診の流れや「要精密検査」となった場合にどのような検査を行うのかを解説します。


がん検診には、症状の出ていない早期がんを発見できるメリットがある一方、不必要な検査や治療につながる「過剰診断」、「がんの疑いあり」と言われたときの精神的不安、検査による事故(偶発症)など、デメリットやリスクも存在します。

しかしデメリットについて認識している人はかなり少ないのが実情で、むしろがんが心配なあまり、高額で手厚いオプション的検査を希望される方が目立ちます。

また、せっかくがん検診を受けても、検査結果をきちんと理解できていない人もいます。

本書ではがん検診に対する誤解を解き、がん検診との賢い付き合い方を、具体的なデータを使って丁寧に解説します。
【目次から抜粋】

・国民の2人に1人ががんになる

・がん検診の目的は、早期発見して死亡率を下げること

・検診が有効ながん、有効でないがん

・がん検診にはデメリットもある

・最先端のがん検査方法ー血液1滴でがんを見つけられる!?

・高齢者に対する検診のリスク

・全身のがんを検索するPET検査とは

・前立腺がんは血液検査でわかる?

国立がん研究センターの正しいがん検診のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ