辻哲夫

地域包括ケアの原点小山剛の仕事

販売店:書籍
販売価格
2,420
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント22(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】地域包括ケアの原点小山剛の仕事
【発売日】2019年10月
【著者/編集】辻哲夫, 宮島俊彦
【出版社】第一法規出版
【サイズ】単行本
【ページ数】189p
【ISBNコード】9784474067400

【内容情報】(出版社より)
介護が必要になっても住み慣れた地域で暮らし続けられる街をつくり上げた小山剛氏の言葉を一冊の本に集約。地域包括ケアに取り組む全ての法人経営者必読の書。

地域に根差した介護サービス事業とは何か? 新潟県長岡市で、特別養護老人ホーム「こぶし園」を舞台に、地域包括ケアの原点となる実践に取り組んだ故・小山剛氏の言葉を集約することで、地域包括ケアの実践ヒントが得られる一冊
はじめに 小山剛の哲学が地域包括ケアの未来を創る 辻 哲夫

序章 いつまでも住み慣れた地域社会で暮らし続けるために
 いつまでも住み慣れた地域社会で暮らし続けるために─制度改革と意識改革と覚悟が必要─

第1章 地域展開への道のり
 高齢者世帯を支えるサービスのマネジメント
 高齢者包括的ケアシステムの構築を目指して
 対人援助のためのチームケア

第2章 地域分散型サテライトケアの実践
 地域分散型サテライトケアの実践 こぶし園 サポートセンター構想
 地域での暮らしを支援する新たなケアシステム ─サポートセンター構想─
 サポートセンターは地域を支える“多機能拠点”
 地域に重点を置いた痴呆性高齢者ケアとは
 施設ケアの先にあるもの
 小規模多機能型居宅介護の確立による“拉致と配給の時代”の終焉

第3章 実践を通じて「ケア付コミュニティ」という哲学へ
 地域密着型サポートセンターを配置し、住み慣れた地域での生活を支援する社会福祉法人
 地域密着型サービスの明日
 ケア付コミュニティを実現するには事業者の裁量を尊重した「包括報酬」導入を

第4章 介護とは地域社会での暮らしを支えること
 社会保障の新たな方向─施設中心から地域社会での暮らしへ─
 地域包括ケアのモデル“新潟・長岡こぶし園”の取組み
 私のvision と経営戦略─全てのサービスを包括して定額報酬にサービス提供の証明と評価に取り組む─
 地域内で暮らしを支える介護の時代へ
 介護保険制度改正と地域包括ケアシステム 地域で暮らし続けたい人々を支えるのが社会福祉法人のつとめ

第5章 被災地においても地域包括ケアを実現させる
 大規模災害時における福祉施設の果たす役割と課題─新潟県中越大震災における救援活動の事例から─
 災害福祉広域支援ネットワーク“サンダーバード”の活動
 災害時に在宅介護を継続するための要援護者支援と社会福祉法人の使命
 災害対策は全国各地の課題 IT を活用した多職種連携と地域支援を

あとがき 地域包括ケアを受け継ぐ人達へ 田宮 崇

年表

地域包括ケアの原点小山剛の仕事のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ