小池一夫

自分のせいだと思わない。

販売店:書籍
販売価格
1,320
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント12(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】自分のせいだと思わない。 小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉
【発売日】2019年09月
【著者/編集】小池一夫
【出版社】ポプラ社
【サイズ】単行本
【ページ数】255p
【ISBNコード】9784591163986

【内容情報】(出版社より)
【その別れや問題はあなたのせいではない。
「誰のせいでもないこともある」
と上手にあきらめることが人生を楽にするコツです。】

今年4月に亡くなった小池一夫さん(@koikekazuo)のTwitterメッセージ集、第3弾。フォロワー90万人超が感動した最期の233の言葉。シリーズ累計10万部を突破!

*【まえがきに代えて】より抜粋
2109年4月小池一夫さんが永眠されました。
小池さんは、漫画『子連れ狼』の原作者として知られ、近年はツイッター(@koikekazuo)が人気でフォロワーの方々をはじめとした多くの方に支持されていました。
2010年3月、当時73歳から始めたツイッターでは、私たちを優しく肯定し、それぞれを進むべき道に導いてくれる、人生の本質を突くメッセージをつぶやき続けてきました。
それは亡くなる直前まで変わらず続きました。
本書は、そのツイッターのつぶやきをもとにしたメッセージ集の第3弾になります。
(中略)
小池さんがつぶやくことは、もうありません。
しかし、小池さんが伝えたかった言葉は、小池さんが愛した著作と、読者の皆様の中にいつまでも残ります。
本書が皆様にとって、これからを照らし、今を生きる糧になれば幸いです。

*内容
・人を好きになることぐらい、あなた一人で決めていい。
・一人の人に、多くを期待しすぎない。
・つらいことはたくさんあった。でも不幸ではなかったよ。
・嫌いな人は嫌いでいいから、それ以上は考えない。
・「自分から去っていった人」に執着しない。
・必ず起きる「いくつかのこと」にいちいち動揺しない。

*著者紹介
小池一夫 こいけ・かずお @koikekazuo
1936年、秋田県生まれ。漫画原作者、作家、脚本家、作詞家。代表的な漫画原作作品に『子連れ狼』『御用牙』などがある。1977年より後進育成のため「小池一夫劇画村塾」を開設。同塾門下生には高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、さくまあきら、堀井雄二らがいる。2010年3月からTwitter(@koikekazuo)を始める。2019年8月現在、フォロワー数は90万人を超える。著書に『ふりまわされない。』『だめなら逃げてみる』(以上、ポプラ社)、『人生の結論』(朝日新書)などがある。2019年4月17日に逝去、享年82。

自分のせいだと思わない。のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ