和田秀樹(心理・教育評論家)

自分から勉強する子の育て方

販売店:書籍
販売価格
1,540
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント14(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】自分から勉強する子の育て方 塾まかせが子どもをつぶす
【発売日】2019年09月
【著者/編集】和田秀樹(心理・教育評論家)
【出版社】大和書房
【サイズ】単行本
【ページ数】205p
【ISBNコード】9784479797043

【内容情報】(出版社より)
子どもの成績が悪いのは、子どものせいではない!

中学受験の最大の効能は、
おそらく「基礎学力」がつくことですが、
最大の欠点は、一部の子の「自己肯定感」を奪うことです。

「自己肯定感」は、社会を生き抜くための心の基礎となり、
大きなエネルギーとなるものです。

ただ「塾の言いなりになるな」と言われても、
どうしていいかわからないでしょう。

その対策も具体的に書きました。

本書は、お子さんの将来に必ず役に立つはずです。

【本書の内容】

1章「ブランド塾」に通っても成績は上がらない
2章 子どもに合った「塾選び」のポイント
3章 受験はこんな「戦略」で勝つ
4章 塾に入る前につけておくべき「基礎学力」とは
5章「上位クラスの子」ほど注意すべきこと
6章「中学受験をすると性格がゆがむ」はホント?
7章 賢い親は「情報」を集める
8章「自分から勉強する子」の親が何をしているか

子どもの「自己肯定感」を高める勉強法がある
中学受験に悩んだら読む本


【著者プロフィール】和田秀樹(わだ・ひでき)
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズ スクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。
27歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。無名校から多くの生徒を東京大学合格に導く。その後も、受験に関する著書多数。この体験をもとに製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、2016年にはNHKBSプレミアムドラマとしてリメイクをされた。映画監督としても活躍中。
ロングセラーとなった『アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉』『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』『「いまどきの男の子」の心を強くする育て方』『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房)など著書も多数ある。

自分から勉強する子の育て方のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ