石川一郎

2020年からの新しい学力 (SB新書)

販売店:書籍
販売価格
913
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント8(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】2020年からの新しい学力 (SB新書)
【発売日】2019年09月
【著者/編集】石川一郎
【出版社】SBクリエイティブ
【サイズ】新書
【ページ数】224p
【ISBNコード】9784815602611

【内容情報】(出版社より)
2020年の教育改革が
中間層の学力を破壊する!

2020年の大学入試制度改革の根底には、文科省による「知識の活用」を目指す大規模な教育改革が存在する。
しかし、新しい教育体制にすべての子どもがスムーズに対応できるとは限らない。
予想されるのが、これまで中間層にいる子どもたちが陥る学力危機である。
教育制度改革によって直面する問題とはなにか。
教育現場の実情を踏まえて、それにいかに対応していくべきかについて論じていく。
序章 学力格差社会の到来
◎「テストで点数さえ取っていれば何とかなる…」の間違い
◎GMARCH合格を目指す中間層が下位層に転落する
◎エリートのための教育改革!?

第1章 2020年の教育制度改革の罠
◎「知識偏重」から「知識の活用」の結果、知識すら身につかない
◎教育現場の迷走とふりまわされる子どもたち
◎アクティブラーニングはゆとり教育への逆戻り

第2章 あなたの子どもは教科書が読めますか
◎全国2万5000人の基礎読解力調査の結果
◎3人に1人が問題文を理解できていない
◎AIに仕事を奪われる子ども、奪われない子ども

第3章 学校選びが命とりにーーこんな学校に預けてはいけない
◎経済格差だけではない情報格差から生まれる学力格差
◎子どもを伸ばす教師とダメにする教師
◎大事なのは学歴ではなく学習歴

第4章 子どもの学力を伸ばすには
◎もっとも必要となるのは自分軸
◎「読解力」、「数式力」、「共感・共鳴・共振力」という3つの資質
◎学力を伸ばすカギとなる対話力は量より質
◎英語・プログラミングに必要なのは目的意識

第5章 2035年の未来から子どもの教育を考える
◎10年後に残る仕事とそのために必要な学力
◎教育改革を阻むのは、保護者であるあなた自身
◎グローバルな社会で活躍できる人材の条件

2020年からの新しい学力 (SB新書)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ