曽野綾子

孤独の特権 (ポプラ新書)

販売店:書籍
販売価格
968
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント8(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)となっている本・コミック商品について取り扱いを終了することとなりました。
それに伴いましてdショッピングで取り扱う本・コミックの商品数が少なくなります。

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)の取り扱い停止日
2020年5月29日(金)10:00
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが今後ともdショッピングをよろしくお願いします。

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】孤独の特権 (ポプラ新書)
【発売日】2019年09月
【著者/編集】曽野綾子
【出版社】ポプラ社
【サイズ】新書
【ページ数】233p
【ISBNコード】9784591163870

【内容情報】(出版社より)
2年前に91歳の夫を看取り、
「独り」の老後を送っている著者による、
孤独を怖れることなく、
むしろ愉しむ心の持ち方を問う一冊。

どうやっても「ままならぬ世の中」であり、
思い通りにならない「厄介な時代」なのだから、
独りになることを怖れず、
人とぶつかることを怖れず、
本音で生きたほうがいい。

配偶者や子どもに期待せず、
周囲のしがらみに囚われることなく、
人生最大の「任務」である
「安らかな死」を静かに迎えたい。

そんな人生をおくるための作法を
これまでに出版された数多くの書籍の中から
編纂いたしました。

独りの中でこそ自分が見つかる。
そんな気づきに充ちた一冊。

*沈黙が多い世界にこそ、本物の会話が生まれる
*手に入れた愛よりも、失った愛に意味はある
*長い間、時間に縛られてきた生活に「復讐」する
*遊びには孤独から免れる入り口がある
*悪あがきをいsない自然さが老人に威厳を与える
*矛盾と不平等を認めた人だけが成熟できる
*理解されないという誰にでもある試練
ほか、249の矜持の数々。

孤独の特権 (ポプラ新書)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ