スウェーデン社会庁

人間としての尊厳第2版

販売店:書籍

[在庫なし]

販売価格
1,320
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント12(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】人間としての尊厳第2版 ノーマライゼーションの原点・知的障害者とどうつきあ
【発売日】2020年01月
【著者/編集】スウェーデン社会庁, 二文字理明
【出版社】現代書館
【サイズ】単行本
【ページ数】94p
【ISBNコード】9784768435748

【内容情報】(出版社より)
スウェーデン社会庁が出版した知的障害者と接するときの手引書。
『人間としての尊厳 ノーマライゼーションの原点・知的障害者とどうつきあうか』という邦題で、障害者人権文化室〈Nプランニング〉が1998年第一刷、1999年に第二刷を刊行したものを、この度現代書館から刊行することとなった。
障害者福祉施設内において職員および周囲の人間が知的障害者に対してどのように振る舞うべきかをわかりやすく書いた本である。
各章題にはルビが振られ、「ぼくたち、わたしたち」と知的障害者目線で職員への要望が語られている点が印象的だ。
知的障害者も読めるようにさまざまな工夫がなされてはいるが、やはり主な読者対象として想定されるのは障害者福祉施設等で働く職員であろう。
知的障害者にとって職員との関係は非常に重要である。職員は「模範」でもあり、必要に応じて知的障害者を援助することが求められる。本書が障害者施設で働く職員と知的障害者がよい関係を築く一助となることを祈る。
解説では施設の増設などハード面にばかり注力してきた日本と、「知的障害者福祉法」を制定し、障害者の尊厳や権利と向き合ってきたスウェーデンとが対比される。「障害者を個人として尊重する」。そんな当たり前ともいえる考えを具体的に明文化し実践に移すための指針を作成した点において、スウェーデンの取り組みは大変に画期的であるといえるだろう。
第1章 知的障害者の自由と権利
第2章 知的障害者を一個の人間として尊重すること
第3章 自己決定の権利
第4章 共生のための規準
第5章 結論
文献一覧
解説
資料 知的障害者の自由と権利(「スウェーデン社会庁通達」1981年第19号)

人間としての尊厳第2版のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ