山崎保寿

未来を拓く教師のための教育課程論

販売店:書籍
販売価格
2,860
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント26(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】未来を拓く教師のための教育課程論 学習指導要領からカリキュラム・マネジメントまで
【発売日】2019年09月
【著者/編集】山崎保寿
【出版社】学陽書房
【サイズ】単行本
【ページ数】192p
【ISBNコード】9784313611436

【内容情報】(出版社より)
教師を目指す学生や研究者、また、教育関係の現場職員等のために、教育理論を教育課程論と教育内容・方法論の立場から整理し、多角的な視点で読み解きながら、教育課程の基礎的な知識と実践理論を分かりやすく解説した本書。
学習指導要領の変遷をはじめ最新の教育動向とその課題等も学べる充実の一冊。
教職資格取得には外せない必修科目用の基本テキストとして最適です!
第1章 教育の基本的方法と技術
 第1節 近代における教育方法の歴史と発展
 第2節 学習指導の方法
 第3節 学習集団の編成と指導方法

第2章 教育課程の定義と学習指導要領の変遷
 第1節 教育課程の意義と定義
 第2節 教育課程の法的根拠
 第3節 学習指導要領の変遷

第3章 「総合的な学習の時間」創設の経緯と実践事例
 第1節 「総合的な学習の時間」の創設とその経緯
 第2節 総合的な学習の歴史
 第3節 「総合的な学習の時間」の実践例

第4章 カリキュラム・マネジメントの理論と実践
 第1節 カリキュラム・マネジメントの意義と定義
 第2節 カリキュラム・マネジメントに関する研究動向

第5章 カリキュラム・マネジメントの各プロセス
 第1節 学校経営のサイクルとカリキュラム・マネジメント
 第2節 カリキュラム・マネジメントの各プロセス
 第3節 カリキュラムの評価における留意点と主要観点の具体例
 第4節 カリキュラム・マネジメントの活性化とその方策
 第5節 カリキュラム・マネジメントの重点目標としての学力向上に関わる施策の経緯

第6章 アクティブ・ラーニングの普及と実践の要点
 第1節 アクティブ・ラーニングの定義と導入の教育行政的経緯
 第2節 アクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメントの連動
 第3節 アクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメントの連動に関する実践事例

第7章 「社会に開かれた教育課程」を実現する教育環境
 第1節 「社会に開かれた教育課程」の理念とその背景
 第2節 「社会に開かれた教育課程」とカリキュラム・マネジメント
 第3節 「開かれた学校づくり」の概念との違い
 第4節 カリキュラム・マネジメントの重要性

資料
・用語解説/・教育基本法/・学校教育法(抄)/・学校教育法施行規則(抄)

未来を拓く教師のための教育課程論のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ