バリントン・ムーア

独裁と民主政治の社会的起源(下) (岩波文庫)

販売店:書籍
販売価格
1,555
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント14(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
【タイトル】独裁と民主政治の社会的起源(下) 近代世界形成過程における領主と農民 (岩波文庫)
【発売日】2019年07月
【著者/編集】バリントン・ムーア, 宮崎隆次
【出版社】岩波書店
【サイズ】文庫
【ページ数】583p
【ISBNコード】9784003423028

【内容情報】(出版社より)
なぜイギリス・フランス・アメリカでは自由民主主義が成立し、日本やドイツではファシズムを招来したのか。ロシアと中国で共産主義革命が起きた理由は何か。各国が経験した近代化の異なる道筋を、社会経済構造の差に注目して説明した比較歴史分析の名著。下巻では、日本・インドを分析し理論的考察を展開する。(解説・小川有美)
第二部 近代世界に向かうアジアの三つの道(承前)

第五章 アジアのファシズムーー日 本
 一 上からの革命ーー新旧の脅威に対する支配諸階級の対応
 二 農民革命の欠如
 三 明治の解決ーー新地主層と資本主義
 四 政治的帰結ーー日本ファシズムの本質

第六章 アジアにおけるデモクラシー --インドとその平和的変革の代償
 一 インドの経験の有意性(レリバンス)
 二 ムガル帝国時代のインドーーデモクラシーを阻むもの
 三 村落社会ーー農民反乱を阻むもの
 四 イギリスの統治とインド社会の変容 一八五七年まで
 五 イギリスの平和 一八五七年から一九四七年までーー地主の楽園か
 六 非暴力によるブルジョワと農民の結合
 七 農民の暴力の程度とその性格
 八 独立及び平和的変革の代償


第三部 理論的意味と客観化

第七章 近代社会への民主的径路
第八章 上からの革命とファシズム
第九章 農民層と革命
終 章 反動的思想と革命的思想
 補論 統計と保守的歴史叙述についての覚書


原 註
訳 註
訳者あとがき
解 説(小川有美)
参考文献索



【上巻内容】
序文・謝辞
第一部 資本主義デモクラシーの革命的起源
 第一章 イギリスーー漸進主義に対する暴力の貢献
 第二章 フランスにおける発展と革命
 第三章 アメリカ南北戦争ーー最後の資本主義革命
第二部 近代世界に向かうアジアの三つの道
 覚 書 ヨーロッパとアジアの政治過程ーー比較に際しての諸問題
 第四章 中華帝国の衰退と共産主義型近代化の起源
原 註
訳 註
参考文献

この商品のカテゴリ

同じカテゴリの商品

あなたへのおすすめ