今村武

食事作りに手間暇かけないドイツ人、手料理神話にこだわり続ける日本人

販売店:書籍
販売価格
1,100
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント10(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】食事作りに手間暇かけないドイツ人、手料理神話にこだわり続ける日本人 共働き家庭に豊かな時間とゆとりをもたらすドイツ流食
【発売日】2019年05月
【著者/編集】今村武
【出版社】ダイヤモンド・ビッグ社
【サイズ】単行本
【ページ数】156p
【ISBNコード】9784478823378

【内容情報】(出版社より)
「日本人とドイツ人は気質が似ている」とよく言われます。しかし「手作り=愛情」という価値観にこだわるあまり、食事作りに多くの時間を割かざるを得なくなっている日本人に対し、ドイツ人は食の手作りにはこだわらず、食事作りにかける手間と労力を「家族で過ごす時間」や趣味などの「ゆとりの時間」に充てています。
本書ではドイツの食文化を紹介し、いつも時間に追われる日本の共働き家庭の方々へ、豊かな時間とゆとりを生み出すためのヒントやアイデアをお伝えします。

この書籍には以下の内容が収録されています。

<目次>
★序章
Was ist typisch deutsch?
ドイツ人ってどんな感じ?

★第1章
食事作りに手間暇かけないドイツ人
キッチンで火を使わずに用意する「カルテス・エッセン」

★第2章
「安心・安全な食材」にこだわるドイツ人
ドイツ家庭における日常の「食」とその「中身」

★第3章
「手料理神話」にこだわり続ける日本人
愛情を表現する方法は「手作り」だけではない

★終章
ドイツ流の食卓術に学ぶ、豊かな時間とゆとりを生み出す10のヒント


〔著者〕
今村 武(いまむら たけし)
1965年神奈川県生まれ。ドイツ文学者。東京理科大学教授。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。レーゲンスブルク大学博士課程修了。
専門はドイツ文学、ならびにドイツ演劇。著書に『近代ドイツ文学の萌芽と展開』(南窓社)、『見開きドイツ文法』(朝日出版社)、
『不道徳な女性の出現 独仏英米の比較文化』(共著、南窓社)などがある。


予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

食事作りに手間暇かけないドイツ人、手料理神話にこだわり続ける日本人のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ