尾崎康子

手先の器用さを育てる保育ワーク

販売店:書籍
販売価格
2,530
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント23(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】手先の器用さを育てる保育ワーク 発達を促す、インクルーシブ保育教材
【発売日】2019年06月
【著者/編集】尾崎康子, トート・ガーボル
【出版社】ひかりのくに
【サイズ】単行本
【ページ数】124p
【ISBNコード】9784564609046

【内容情報】(出版社より)
「はじめに」より
 生まれたばかりの赤ちゃんの手は、固く握ったままです。やがて、成長とともに自分で自分の手を動かすことができるようになりますが、すぐに指が思いどおりに動かせるわけではありません。5本の指がそれぞれ独立して動かせるようになるのは幼児期後半です。このように、全ての赤ちゃんは、手先が不器用なところから出発するのですが、幼児期後半にもなると、器用な子どもと不器用な子どもが出てきます。子どもの手先が不器用な場合、一つには、発達が晩熟であることが考えられます。運動発達のスピードは子どもによって違うので、この時期には器用さの差となって表れてくるのです。もう一つは、発達障害の子どもの場合です。発達障害では、本来の特徴に加えて、手先の不器用さがあることが指摘されています。
 一般には、子どもに手先の不器用さがあっても、そのうち直るだろうと楽観視していることがほとんどですが、放っておいてどうにかなるものではありません。それどころか、不器用さが深刻な場合は、製作やお絵描きなどが苦手になって、やりたがらなくなります。そして、取り組まないとますますできなくなるという悪循環に陥り、その結果、書字や描画活動そのものに自信をなくしかねません。そこで、手先の不器用な子どもほど、たくさんの手指を使う活動を行うことがポイントとなってきます。
 手指を動かすトレーニングとして、絵を描くことが大変効果的であることが分かっています。また、筆記具を使って絵を描くことは、将来の学校での書字学習に向けた準備にもなります。本書では、幼児期の手先の不器用な子どものためのトレーニングとして、たくさんの描画課題を掲載しました。是非、楽しく取り組んでみてください。
はじめに 1
プロローグ 2
レッスン1 絵を塗る について 13
レッスン2 点をつなぐ について 61
レッスン3 線を引く について 69
レッスン4 点線をなぞる について 85
レッスン5 まねして描く について 101

手先の器用さを育てる保育ワークのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ