牧久

暴君

販売店:書籍
販売価格
2,160
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント20(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
【タイトル】暴君 新左翼・松崎明に支配されたJR秘史
【発売日】2019年04月
【著者/編集】牧久
【出版社】小学館
【サイズ】単行本
【ページ数】476p
【ISBNコード】9784093886659

【内容情報】(出版社より)
各紙誌で話題! 緊急重版出来!

2018年春、JR東労組から3万3000人の組合員が一挙に脱退した。同労組の組合員はあっという間に3分の1に激減し、崩壊の危機に追い込まれてしまった。いったい、何が起こったのかーー。

かつての動労、JR東労組委員長にして革マル派の実質的な指導者と見られる労働運動家・松崎明の死から8年。JR東日本が、「JRの妖怪」と呼ばれたこの男の”呪縛”から、ようやく「解放される日」を迎えたのか。

この作品は国鉄民営化に「コペルニクス的転換」といわれる方針転換により全面的に協力し、JR発足後は組合にシンパを浸透させて巨大な影響力を持った男・松崎明の評伝であり、複雑怪奇な平成裏面史の封印を解く画期的ノンフィクションである。

序章 「天使と悪魔」--ふたつの顔を持つ男

第一章 ”隠れ動労”--JR誕生前夜

第二章 松崎明またの名を革マル派副議長・倉川篤

第三章 「労使ニアリー・イコール論」--巨大企業を屈服させた最強の労働組合

第四章 大分裂

第五章 盗撮スキャンダルと平成最大の言論弾圧事件

第六章 革マル派捜査「空白の十年間」の謎

第七章 反乱ーー”猛獣王国”崩壊の序曲

第八章 警視庁、「松崎捜査」へ

第九章 「D型もD民同へ涸谷に」--漂泊する鬼の魂

終章 三万四五○○人の大脱走

あとがき

この商品のカテゴリ