由良弥生

眠れないほど面白い空海の生涯 (王様文庫)

販売店:書籍
販売価格
1,078
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント9(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】眠れないほど面白い空海の生涯 1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)
【発売日】2019年02月
【著者/編集】由良弥生
【出版社】三笠書房
【サイズ】文庫
【ページ数】462p
【ISBNコード】9784837968856

【内容情報】(出版社より)
◎シリーズ累計140万部突破のベストセラー著者が挑む「巨人・空海」

空海と最澄、交差する二人の不世出の名僧の人生。天皇家の事情と醜聞。仏教と密教。そして、神と仏。高野山開創に込めた空海の願い。奇跡としか言いようがない空海の万能ぶりと知恵。
仏教界のカリスマとして多くの謎に包まれている空海の日常と空海の生きた時代の景色が手にとるように見えてくるーー!驚きと感動の物語!

 【脱・エリートコース】官僚への道を捨て山林修行
 【著作多数】空海初めての著作は24歳。対話形式の物語
 【遣唐使】ピンチ!海賊に間違われて上陸できない
 【待ってたぞ】中国の高僧・恵果との運命的な出会いと別れ
 【平城天皇vs. 嵯峨天皇】傾国の美女・藤原薬子の謀略
 【捨てられた老人】比叡山を去った弟子への最澄の未練
 【最澄と訣別】「お経を貸して」「断る!」空海、最澄を痛罵 ……etc.
第一部 一沙門との不思議な巡り合わせ

第二部 古代社会と仏教勢力

第三部 大学を飛び出し仏道修行者に転身

第四部 「出家宣言」後の日々

第五部 九死に一生をえるも不運続きの遣唐使一行

第六部 世界最大の文化都市・長安で

第七部 帰国後の最澄と空海と天皇家

第八部 入京とその後の日々

第九部 最澄との訣別

第十部 高野山(金剛峯寺)の開創と終焉

眠れないほど面白い空海の生涯 (王様文庫)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ